現在位置:福岡市ホームの中のくらし・手続きの中の環境・ごみ・リサイクルの中の福岡市の環境の中の温暖化対策・エネルギー政策の中の自動車での取組みから令和2年度 福岡市次世代自動車普及促進事業(電気自動車等)補助金
更新日: 2020年5月22日

令和2年度 福岡市次世代自動車普及促進事業(電気自動車等)


地球温暖化対策として,電気自動車等の普及促進を図るため,電気自動車及びプラグインハイブリッド自動車の購入について経費の一部を助成します。


 ※充電設備の設置に対する助成はこちら→令和2年度福岡市次世代自動車普及促進事業(充電設備)


1 補助対象者

下記のすべてに当てはまる方

  • 申請の時点で福岡市内に1年以上継続して住民登録している個人であること
  • 申請の時点で市税に係る徴収金(市税及び延滞金等)に滞納がないこと
  • 自らが所有し,使用するために電気自動車またはプラグインハイブリッド自動車を購入していること
  • 過去に電気自動車またはプラグインハイブリッド自動車に対し福岡市地球温暖化対策市民協議会から補助金を受けている場合,当該車両が登録後4年を経過していること(ただし、承認を受けて財産処分した場合は除く)
  • その他の条件は「福岡市次世代自動車普及促進事業(電気自動車等)補助金交付要綱」を参照してください

2 対象車両

  • 電気自動車・プラグインハイブリッド自動車のうち,令和2年4月1日(水曜日)から令和3年3月5日(金曜日)までに初度登録(中古の輸入車の登録を除く)を行ったもの
  • 自動車検査証の自家用・事業用の別の欄が「自家用」であるもの

 ※同一年度内に複数台初度登録する場合は,そのうち1台


3 補助額

  • 電気自動車:車両本体価格(税抜き)の20分の1で上限10万円
  • プラグインハイブリッド自動車:車両本体価格(税抜き)の20分の1で上限5万円

※車両本体価格に値引きがある場合は,値引き後の価格を車両本体価格とします


4 補助枠

800万円


5 申請方法及び留意事項

  • 詳細は,「7 申請書類及び記入例等」の「申請・審査手続きの流れ」及び「福岡市次世代自動車普及促進事業(電気自動車等)補助金交付要綱」(以下、「要綱」という。)を参照ください。
  • 初度登録の日から2ヶ月以内に補助金交付申請書(自様式第1号)及びその他要綱に定める必要書類を事務局(福岡市環境局環境・エネルギー対策課,住所等は「9 問い合わせ・申請書提出先」を参照)まで郵送してください。(必着・持込不可)
  • 申請者は車両の購入者であり,かつ対象車両の自動車検査証上の所有者及び使用者となります。(所有権留保付ローン(オートクレジットなど)による購入の場合は,自動車検査証上の所有者が自動車会社またはローン会社等であり,かつ使用者が申請者)
  • 補助金を受けた方は,対象車両を初度登録の日から4年間,使用状況に関するアンケート等の提出や災害時における申請車両の活用等への協力をお願いします。
  • 助成を受けて購入した車両を初度登録の日から4年以内に処分する場合は,あらかじめ福岡市地球温暖化対策市民協議会の承認を受ける必要があります。その際、補助金の一部または全部の返還を求める場合があります。

6 申請期間

令和2年5月20日(水曜日)から令和3年3月5日(金曜日)


※申請金額が上記「4 補助枠」に達した場合は、期間の途中であっても受付を終了します


7 申請書類及び記入例等

※申請書に使用する印鑑は認印で構いませんが,スタンプ式印鑑(通称ネーム印,浸透印,シャチハタ等)は不可とします。
※記入内容の訂正は,訂正箇所を二重線で消した上に訂正印を押し,正しい内容を記入してください。
 (修正テープ(液)は使用しないでください。)
※申請書に添付する書類は,できるかぎりA4サイズ,片面コピーにてご提出ください。


 【必要な書類】


 【参考】


8 これまでに補助を受けられた方へ

補助金受領後,初度登録の日から4年以内に申請書に記載した内容(住所・氏名等)に変更がある場合や,車を処分しようとするときは下記の書類の提出が必要です。


1.住所・氏名等に変更がある場合


2.補助金を受けて購入した車両を処分しようとするとき


9 問い合わせ・申請書提出先

  福岡市地球温暖化対策市民協議会
  (事務局 環境局環境・エネルギー対策課内)

 住所:〒810-8620 福岡市中央区天神1丁目8番1号
 電話番号:092-711-4282
 FAX番号:092-733-5592
 E-mail:kankyoenergy.EB@city.fukuoka.lg.jp