入場無料  バリアフリー対策
現在位置:福岡市ホームの中のくらし・手続きの中の環境・ごみ・リサイクルの中の福岡市の環境の中のまもるーむ福岡の中の観察する
更新日: 2021年6月18日

観察する

まもるーむ福岡にはいろいろな生きものがいます。
「生きている化石」と呼ばれるカブトガニ(※)や、絶滅危惧IA類に指定されているヒナモロコなど、貴重な生き物を間近でじっくり観察してみましょう。
(※)カブトガニの展示は夏季限定です。



カブトガニ  

カブトガニは、約2億年前からほとんど形態を変えず存続しているため、「生きている化石」と呼ばれています。
福岡市の今津干潟は日本有数のカブトガニ産卵場となっていますが、近年、個体数の減少が危惧されています。

カニやエビよりも、クモやサソリの仲間に近いとされるカブトガニ。

夏には「カブトガニ観察会」も開催していますので、カブトガニを間近で見たい方はぜひご参加ください!
「生きている化石」カブトガニに触れるチャンスかも!?

 ※ 開催日等については各月の「イベントのお知らせ」をご覧ください。


 画像:カブトガニ1 画像:カブトガニ2 画像:カブトガニ3


福岡の川の魚

現在,8種類の魚を展示しています。
絶滅危惧IA類に指定されているヒナモロコの他、イトモロコ、カマツカ、ヨシノボリ、ドジョウなどが元気に泳いでいます。

 
 画像:ヒナモロコ 画像:ヤリタナゴ 画像:ドンコ

 画像:ミナミメダカ 画像:ドジョウ 画像:コイ
 
 

カブトムシ・クワガタ

  • カブトムシ 現在、展示しておりません)
  • ヒラタクワガタ現在、展示しておりません)
     挟む力が強く、指を挟まれるととても痛いです。 
  • オオクワガタ
     日本にいるクワガタの中で一番体が大きいです。

画像:カブトムシ(さなぎ) 画像:カブトムシ(成虫)
画像:オオクワガタ(さなぎ) 画像:オオクワガタ(成虫)