現在位置:福岡市ホームの中のくらし・手続きの中の環境・ごみ・リサイクルの中の福岡市の環境の中のごみ・リサイクルの中の事業所のごみ(事業系一般廃棄物、産業廃棄物)からプラスチックごみを減らすため市役所15階で給茶機のモデル利用を開始しました
更新日: 2019年10月21日

プラスチックごみを減らすため市役所15階で給茶機のモデル利用を開始しました


 近年,海洋上のプラスチックが世界規模で問題となっています。問題を解決するためには,プラスチックと賢く付き合っていく必要があります。そこで,福岡市では庁舎内のプラスチックごみを減らすため,マイボトルなどの使用を推進する給茶機のモデル利用を開始しました。会議や研修の際にマイボトルや急須・湯呑等の持参・利用を推進します!


(1)給茶機の利用について

  • 利用時間は月曜日から金曜日の9時から18時まで(祝日,年末年始,メンテナンス時間は除く)
  • 設置場所は市役所15階行政棟1503会議室前
  • マイボトル,マイカップ等の容器は高さ18センチまで対応
  • 講堂,会議室等の利用の際にどなたでも利用できます。
  • マイボトル等の利用推進が目的のため使い捨てカップは設置していません。ご自身のマイボトル等をご持参ください。

(2)マイボトル・マイカップについて

 マイボトル・マイカップなどの繰り返し使える容器は,
1 繰り返し使うことで,ペットボトルのリサイクルに比べて環境負荷を抑えることができます。
2 お店によってはマイボトル利用でお得なサービスがあります。
3 いつでも手軽に水分補給ができ,熱中症の予防に効果的です。
4 飲み物代の節約になります。
 オフィスや外出先でマイボトル・マイカップを利用して,ごみを減らしましょう!

給茶機イメージ日本人一人当たりのプラスチック容器包装の廃棄量は世界2位。みんなでプラスチックとの賢い付き合い方を考えよう


リンク集


◆「プラスチック・スマート」キャンペーン(環境省リンク)
プラスチックスマートロゴマーク
「プラスチック・スマート」キャンペーンは,海洋プラスチックごみ問題の解決に向けて,個人・企業・団体・行政などのあらゆる主体が,それぞれの立場でできる取り組みを応援し,さらに広げるために実施されています。
◆「マイバック持参ではじめるレジ袋削減の取組み」


 国では,プラスチックの資源循環を総合的に推進するための戦略「プラスチック資源循環戦略」を策定しています。
◆「プラスチック資源循環戦略」について(環境省リンク)



ページの先頭にもどる