現在位置:福岡市ホームの中のくらし・手続きの中の環境・ごみ・リサイクルの中の福岡市の環境の中のごみ・リサイクルの中の事業所のごみ(事業系一般廃棄物、産業廃棄物)から事業所から出る家電リサイクル法対象家電の処理について
更新日: 2015年10月7日

事業所から出る家電リサイクル法対象家電の処理について


家電リサイクル法(特定家庭用機器再商品化法)により、リサイクルすることが義務付けられてる家電製品は、市処理施設への搬入が禁止されています。
事業所から排出される家電リサイクル法対象家電は、以下のとおり適正に処理してください。


対象機器

  • エアコン
  • テレビ(ブラウン管式・液晶式・プラズマ式)
  • 冷蔵庫
  • 冷凍庫
  • 洗濯機
  • 衣類乾燥機

家庭用機器を業務用として使用していた場合が対象となります。ただし、専ら業務用として製造・販売されている機器は家電リサイクル法の対象外になりますので、産業廃棄物として適正に処理してください。
産業廃棄物の処理を業者に委託する方法は、こちらをクリックしてください。


リンク

処理方法

(1)買い換えの場合

新しい製品を購入する小売店に引き取ってもらう。


(2)買い換え以外の場合で、購入した小売店が分かる場合

購入した小売店に引き取ってもらう


(3)買い換え以外の場合で、購入した小売店が分からない場合

上の(1)と(2)に該当しないものは以下の手順で引き取ってもらう


【1】<1>

近くのベスト電器の店舗に行き,リサイクル料金を支払い,収集日時を決める
※メーカーや大きさ,型番などをメモしてお伝えください。


<2>

収集時に収集運搬料金を支払う

※いずれもリサイクル料金(メーカーによって異なります)と収集運搬料金(小売店によって異なります)が必要です。

【2】

指定取引場所へ直接持ち込む。 
 ※手続きやリサイクル料金の詳細は一般財団法人家電製品協会 家電リサイクル券センターのホームページをご確認ください。 


リンク

(メーカーのリサイクル料金一覧)