現在位置:福岡市ホームの中のよくある質問QAの中の住宅・建築から既存宅地制度とはどのような制度であったのか。(旧都市計画法第43条第1項第6号[廃止])
更新日: 2021年3月26日

福岡市よくある質問Q&A

質問

既存宅地制度とはどのような制度であったのか。旧都市計画法第43条第1項第6号[廃止]

回答

 既存宅地制度別称:既存宅地確認制度は、現在は存在しない制度です。

 この制度は、市街化調整区域における建築等の制限を緩めて、市街化区域に準ずる区域であり、線引きの日の際にすでに宅地とされていた土地であることなどの一定の条件を満たせば、一部の建築行為については許可不要とする制度でした。

 なお、既存宅地の確認を受けて、制度が廃止される前に適正に建築された建築物については、既存建築物の建替を行う場合は、許可を要しない「改築」として取扱う場合があります。

【くわしい解説(関係者向け)
 よりくわしい内容については次のリンク先をご覧ください。
  「既存宅地制度の廃止と許可制への移行

【お問合わせ先】
部署:住宅都市局建築指導部開発・建築調整課
住所:福岡市中央区天神一丁目8番1号市庁舎4階
電話番号(1):092-711-4587東区、博多区、中央区及び南区の担当:開発指導第1係
電話番号(2):092-711-4588城南区、早良区及び西区の担当:開発指導第2係
FAX番号:092-733-5584
電子メール:kaihatsu-kenchiku.HUPB@city.fukuoka.lg.jp
WEB:開発許可申請等の手引き【開発指導ホームページ】索引附き
受付時間:月曜~金曜休庁日除く午前9時15分~午前12時水曜日は特に込み合う傾向があります。午後は予約により対応できる場合があります。