現在位置:福岡市ホームの中のよくある質問QAの中の住宅・建築から市街化調整区域であるかどうかを調べたい。(都市計画法第7条)
更新日: 2021年1月27日

福岡市よくある質問Q&A

質問

市街化調整区域であるかどうかを調べたい。都市計画法第7

回答

 市街化調整区域であるかどうかについては、インターネットや福岡市役所の窓口で調べることができます。

 インターネットで調べるには、次のリンク先をご覧ください。
●「福岡市Webまっぷ都市計画情報マップ)」
 
 福岡市役所の窓口で調べるには、福岡市庁舎4階に設置する都市計画情報案内システム(「窓口照会システム」)で調べることができます。これは、建築確認等を支援するためのシステムであり、「都市計画決定等概要図」で用途地域、防火・準防火地域、高度地区等や市街化調整区域であるかどうかなどの情報を調べることができ、また、「関連規制情報案内表」で建築行為に伴う様々な規制に関する情報も調べることができます。設置場所は建築指導課及び都市計画課の2箇所です。閲覧は無料ですが、印刷は有料で、料金は「都市計画決定等概要図」が200円、「関連規制情報案内表」が100円となります。機械なので、昼休みの間(午前12時~午後1時)も動きます。故障していたら、奥の建築指導課へ声をおかけください。

 市街化調整区域における「既存集落」及び「指定既存集落」については、次のリンク先をご覧ください。
指定既存集落及び既存集落の指定区域図

 市街化調整区域における区域指定型制度の指定区域ついては、次のリンク先をご覧ください。
区域指定型制度の指定区域及び指定建築物

 なお、市街化調整区域の建蔽率や容積率については、次のリンク先をご覧ください。
市街化調整区域における建蔽率・容積率等の指定について」 ←※建築指導課のページです。

 市街化調整区域で建築できる建築物は、一部の用途などに限られていますので、どのような用途・場合などに建築することができるかなどのご相談については、下記【お問合わせ先】の開発・建築調整課でお尋ねください。参考までに関連ページもあげておきます。
市街化調整区域では何を建てることができるのか。」(Q&A)
市街化調整区域で建築できる建築物等の一覧
開発許可の適用除外となる公益上必要な建築物の基準と解説
既存建築物の建替とは何か。」(Q&A)
改築とは何か。」(Q&A)
改築で許可を要しない場合の条件を知りたい。」(Q&A)

【お問合せ先(市街化調整区域であるかどうかなどについて)
部署:住宅都市局都市計画部都市計画課
住所:福岡市中央区天神一丁目8番1号(市庁舎4階行政棟東側)
電話番号:092-711-4388
FAX番号:092-733-5590
電子メール:toshikeikaku.HUPB@city.fukuoka.lg.jp
WEB:「福岡市Webまっぷ都市計画情報マップ)」

【お問合せ先(窓口照会システム、建蔽(けんぺい)率・容積率等の指定について)
部署:住宅都市局建築指導部建築指導課指導係(市庁舎4階行政棟北側)
住所:福岡市中央区天神一丁目8番1号
電話番号:092-711-4573
FAX番号:092-733-5584
電子メール:kenchikushido.HUPB@city.fukuoka.lg.jp

【お問合せ先(市街化調整区域で開発行為建築行為ができるかなどについて)
部署:住宅都市局建築指導部開発・建築調整課
住所:福岡市中央区天神一丁目8番1号(市庁舎4階行政棟北側)
電話番号(1):092-711-4587(東区、博多区、中央区及び南区の担当:開発指導第1係)
電話番号(2):092-711-4588(城南区、早良区及び西区の担当:開発指導第2係)
FAX番号:092-733-5584
電子メール:kaihatsu-kenchiku.HUPB@city.fukuoka.lg.jp
WEB:開発許可申請等の手引き【開発指導ホームページ】索引附き)
受付時間:月曜~金曜(休庁日除く)午前9時15分~午前12時(水曜日は特に込み合う傾向があります。午後は予約により対応できる場合があります)