現在位置:福岡市ホームの中のよくある質問QAの中の住宅・建築から宅地とは何か。(宅地造成等規制法第2条第1号)
更新日: 2018年7月17日

福岡市よくある質問Q&A

質問

宅地とは何か。(宅地造成等規制法第2条第1号)

回答

 宅地とは、宅地造成等規制法では農地、採草放牧地及び森林並びに道路、公園、河川、公共の用砂防設備、地すべり防止施設、海岸保全施設、津波防護施設、港湾施設、飛行場、航空保安施設及び鉄道、軌道、索道又は無軌条電車の用に供する施設並びに国又は地方公共団体が管理する学校、運動場、墓地、緑地、広場、水道及び下水道に供する施設の用に供せられている土地以外の土地をいいます。
 したがって、駐車場、テニスコート、墓地、太陽光発電施設用地等も「宅地」として扱われることになります。都市計画法に基づく開発許可制度における宅地の定義とは異なりますので、注意してください。
 なお、福岡市の宅地造成工事規制区域内の宅地において、宅地造成を行う場合は、福岡市長の許可を受ける必要があります。許可申請に必要な様式は下記のリンクよりダウンロードしてください。また、宅地造成の定義については、下記のリンク先を参照してください。

【くわしい解説(関係者向け)】
 「宅地」は、法令では、以下の通り定義されています。
○宅地造成等規制法第2条第1号:宅地 農地、採草放牧地及び森林並びに道路、公園、河川その他政令で定める公共の用に供する施設の用に供されている土地以外の土地をいう。
○宅地造成等規制法施行令第2条:宅地造成等規制法(以下「法」という。)第2条第1号の政令で定める公共の用に供する施設は、砂防設備、地すべり防止施設、海岸保全施設、津波防護施設、港湾施設、飛行場、航空保安施設及び鉄道、軌道、索道又は無軌条電車の用に供する施設並びに国又は地方公共団体が管理する学校、運動場、墓地その他の施設で国土交通省令で定めるものとする。
○宅地造成等規制法施行規則第1条:宅地造成等規制法施行令第二条の国土交通省令で定める施設は、学校、運動場、緑地、広場、墓地、水道及び下水道とする。

【お問合せ先】
部署:住宅都市局建築指導部開発・建築調整課
住所:福岡市中央区天神一丁目8番1号(市庁舎4階)
電話番号(1):092-711-4587(東区、博多区、中央区及び南区の担当:開発指導第1係)
電話番号(2):092-711-4588(城南区、早良区及び西区の担当:開発指導第2係)
FAX番号:092-733-5584
電子メール:kaihatsu-kenchiku.HUPB@city.fukuoka.lg.jp
WEB:開発許可申請等の手引き【開発指導ホームページ】
受付時間:月曜~金曜(休庁日除く)午前9時15分~午前12時(水曜日は特に込み合う傾向があります。午後は予約により対応できる場合があります。)

関連リンク