現在位置:福岡市ホームの中のくらし・手続きの中の住まい・引越しの中の建築に関する手続き等の中の建築基準法・市条例に基づく許認可等から建築基準法上の道路扱いについて
更新日: 2019年8月29日

建築基準法上の道路扱いについて

<お知らせ>道路相談窓口(道路判定係)について

○窓口の時間変更について
・令和元年9月30日まで:平日9時~17時(12時~13時は除く)
・令和元年10月1日から:平日9時~17時(12時~13時は除く)
             ※毎週水曜日については,9時~12時のみ
             (午後の相談業務,証明書の発行等は行っておりません)

○お願い
平日午後は、現場調査等で担当職員が不在になることがあるため、できるだけ午前中のご相談にご協力ください。
特に、

 
  1. 法第43条第2項第1号認定及び同条第2号許可申請は午前中の11時30分までになります。
  2. 協定道路に関する相談は、午前中の11時30分までになります。
  3. 位置指定道路の証明書発行は,9時30分から11時30分もしくは13時から16時30分までになります。
     ※毎週水曜日は9時30分から11時30分までになります。

※道路種別の検索は、住居表示で行っています。 窓口では住居表示をお示しください。
※道路台帳平面図(測定基図)は路政課(6階)にてコピーできます。ただし、有料(10円)です。


ダウンロード

◆法第43条第2項第1号の認定申請に関する基準・要領


◆法第43条第2項第2号許可申請に関する基準・要領


◆法第43条第2項第2号許可申請に関する申請書・様式


◆協定道路に関する要領・様式


◆法第42条第1項第5号(位置指定道路)に関する要領・様式


◆その他



1 建築物の敷地と道路との関係

建築基準法(以下、「法」という。)第43条において、「建築物の敷地は道路に2m以上接しなければならない。」となっています。このときの、道路は(1)建築基準法第42条第1項に定める道路(原則として幅員4m以上のもの)及び(2)同第2項に定める道路などのことであり、市道や公的機関が管理する道、登記簿上の公衆用道路(私道等)であっても、建築基準法の道路に該当 しないものがあります。


(注意)※建築基準法上の道路幅員は、法敷など人・車両等が通行できない部分は除いた、通行上有効な幅員です。
     また、道路下水道局路政課管理の道路台帳平面図(測量基図)の幅員とは異なります。



2 建築基準法上の道路とは


(1)法第42条第1項に定める道路とは、次の何れかに該当する幅員4m以上のものです。

○法第42条第1項に定める道路とは、次の何れかに該当する幅員4m以上のものです。
 法第42条の「幅員」とは,一般交通の用に供される部分(通称「現況幅員」図中の※部分をいいます。)
 法敷等は,「幅員」に含めることができないのでご注意ください。

現況幅員説明図

 ・第1号(道路法による道路)


 国道・県道・市道で幅員4m以上のものです。



 ・第2号(都市計画法等による道路)


 開発行為又は土地区画整理事業などにより築造された幅員4m以上のものです。
 築造後は、第1号道路に移管されることが殆どです。



 ・第3号(基準時から存在している道路)


 建築基準法施行時及び都市計画区域編入時(以下、基準時という。)から現に存在している幅員4m以上のものです。



 ・第4号(事業計画のある道路)


 道路法、都市計画法等による新設又は変更の事業計画のある道路で、2年以内にその事業が執行される予定のものとして特定
  行政庁(福岡市)が指定したものです。



 ・第5号(位置指定道路)


 土地を建築物の敷地として利用するため、道路法等によらないで築造する政令(第144条の4)で定める基準に適合する道 
 で、これを築造しようとする者が特定行政庁からその位置の指定を受けたものです。




(2)法第42条第2項に定める道路とは、次のようなものです。(通称:2項道路)

基準時から建築物が立ち並んでいる幅員4m未満の道で、特定行政庁の指定したものは、第1項の道路とみなします。福岡市では、「幅員1.8m以上4m未満で一般の交通の用に供されているもの。」としています。
この場合、道路中心線から水平距離2mの線(水平距離2m未満でがけ地、川、線路敷地その他類するものに沿う場合は、当該がけ地等の道の側の境界線及びその境界線から道の側に水平距離4mの線)をその道路の境界線とみなします。


3 法第43条第2項第1号の認定について

建築物の敷地が、法第42条の道路に2m以上接していない場合でも、国土交通省令が定めた幅員が4メートル以上ある道(農道等)に接道している場合、同令で定める基準に適合する建築物で、特定行政庁が交通上、安全上、防火上及び衛生上支障がないと認めたものは、法第43条第1項の規定は適用されません。

手続きについては、「建築基準法第43条(敷地等と道路との関係)第2項第1号認定の取扱いについて」をご確認ください。



4 法第43条第2項第2号許可について

建築物の敷地が、法第42条の道路に2m以上接していない場合は、その敷地の周囲に広い空地を有する建築物その他の国土交通省令で定める基準に適合する建築物で、特定行政庁が交通上、安全上、防火上及び衛生上支障がないと認めて建築審査会の同意を得て許可したものは、法第43条第1項の規定は適用されません。


許可にあたっては、「福岡市建築物の敷地と道路との関係の建築許可運用基準」によって、判断することになります。


手続きについては、「福岡市建築物の敷地と道路との関係の建築許可運用基準手続き要領」をご確認下さい。



5 道路種別の相談について

福岡市では、建築基準法の道路種別について、建築指導課道路判定係(市庁舎4階)の窓口で相談を受付けています。電話等での問い合わせについては、間違い等による影響が大きいことからお断りしています。


窓口では、相談場所が特定できる地図(ゼンリン等)及び道路下水道局路政課で取得できる道路台帳平面図(測定基図)等をお持ち下さい。


なお、過去に相談事績のない道や相談事績はあるが改めて調査が必要な道については、「道路相談カード」の提出をお願いしています。
昨今,窓口での道路相談件数や相談カードの提出件数が増加傾向であり,相談カードの回答に時間を要しております。ご不便をおかけして申し訳ありませんが,ご理解のほどよろしくお願いします。


6 位置指定道路について

位置指定道路の築造又は廃止(一部廃止を含む)については、「道路の位置の指定に関する指導要領」をご確認下さい。





問い合わせ先

部署: 住宅都市局 建築指導部 建築指導課
住所: 福岡市中央区天神1丁目8の1
電話番号: 092-711-4584
FAX番号: 092-733-5584
E-mail: kenchikushido.HUPB@city.fukuoka.lg.jp