現在位置:福岡市ホームの中のくらし・手続きの中の住まい・引越しの中の建築に関する手続き等から定期報告の調査内容等
更新日: 2019年8月8日

定期報告の調査内容等

1 報告義務者(報告を行うべき者)

建築物の所有者(所有者と管理者が異なる場合は管理者)です。なお、分譲マンションの場合は一般的にそのマンション管理組合(代表者)が報告義務者となります。




2 定期報告の調査・検査資格者

定期報告は、十分な建築防災の知識や個々の設備の知識を有する方が、調査・検査を行うことになっており、次の資格者が○印の調査・検査をすることができます。
なお、 施工管理士、電気工事士、消防設備士等の資格で報告される場合がありますが、定期報告の調査・検査資格に該当していませんので、お間違えのないようにお願い致します

 
資格別調査・検査資格
資格 特殊建築物 建築設備 昇降機等 防火設備
1・2級建築士(該当)(該当)(該当)(該当)
特定建築物調査員(該当)×(非該当)×(非該当)×(非該当)
建築設備検査員×(非該当)(該当)×(非該当)×(非該当)
昇降機等検査員×(非該当)×(非該当)(該当)×(非該当)
防火設備検査員×(非該当)×(非該当)×(非該当)(該当)



3 定期報告の調査内容

(1)建築物の調査内容

特定建築物調査員又は建築士が以下のような調査を行います。


  • 敷地の状態について
    地盤・周囲の地形・擁壁・避難通路などの調査
  • 防火・避難の状態について
    外壁の防火構造、防火区画、防火戸、内装材料、廊下、階段、通路、扉、出入り口、排煙口、バルコニー、非常用進入口などの調査
  • 衛生の状態について
    採光、換気などの調査

※ 調査内容の詳細につきましては「平成20年3月10日国土交通省告示第282号」をご確認下さい。
  (法改正毎に一部変更される可能性があります)



(2)建築設備の調査内容

建築設備検査員又は建築士が以下のような検査を行います。


○機械排煙設備

排煙口の検査、防煙壁の検査、排煙風道の検査、排煙機の検査、排煙出口の検査、自家発電装置の検査など

○機械換気設備

換気設備の設置、機械換気設備の検査、防火ダンパーの検査、中央管理方式空気調和設備の室内環境検査、空気調和設備主要機器の検査

○非常用照明設備

照明器具の検査、照度測定、分電盤の検査、切り替え回路の検査、蓄電池の検査、充電器の検査、自家発電装置の検査



※ 調査内容の詳細につきましては「平成20年3月10日国土交通省告示第285号」をご確認下さい。
  (法改正毎に一部変更される可能性があります)



(3)昇降機等の調査内容

昇降機等検査員又は建築士が以下のような検査を行います。

○エレベーター

かご室内、かご上、ピット、乗場、安全装置、中央管理室等での各検査

○エスカレーター

機械室、上下乗り場、安全装置、踏み段での各検査

○遊戯施設

基礎、構造部、走路、機械装置、制動装置、乗り物での各検査



※ 調査内容の詳細につきましては「平成20年3月10日国土交通省告示第283号」をご確認下さい。
  (法改正毎に一部変更される可能性があります)



(4)防火設備等の調査内容

防火設備検査員又は建築士が以下のような検査を行います。


○防火扉

扉,枠などの金物、危害防止装置、連動機構など

○防火シャッター

駆動装置、カーテン部、ケース、まぐさ及びガードレール、危害防止装置、連動機構など

○耐火クロススクリーン

駆動装置、カーテン部、ケース、まぐさ及びガードレール、危害防止装置、連動機構など

○ドレンチャーその他水幕を形成する防火設備

散水ヘッド、開閉弁、排水設備、水源、加圧送水装置、連動機構など



※ 調査内容の詳細につきましては「平成28年5月2日国土交通省告示第723号」をご確認下さい。
  (法改正毎に一部変更される可能性があります)