現在位置:福岡市ホームの中の城南区の中のくらしの情報の中の健康・医療・年金から城南区 結核について
更新日: 2017年12月8日

結核について


国内最大の感染症は『結核』です

早期発見、早期治療がなによりも大切です。
年1回は胸部X線検査(結核健診)を受けましょう!!



結核の現状

結核は今なお国内最大の感染症です。
平成27年の1年間に、国内で結核と診断された方は、18,280人、
結核で亡くなった方は、1,955人です。



結核はくしゃみやせきから広がります

結核菌

結核とは、結核菌によって、主に肺に炎症を起こす病気です。
結核菌は、重症の結核患者がくしゃみやせきをしたときに飛び散り、それを周りの人が直接吸い込むことによって感染します。
しかし通常は、免疫機能が働いて菌の増殖を抑え、発病しないですみますが、免疫力が弱まっていると発病してしまいます。



長引くせきは赤信号!

せきが続く時は医療機関で受診を!

結核の症状はかぜとよく似ています。
次のような症状が2週間以上続いたら、
結核を疑い、マスクをして早めに医療機関を受診しましょう。

せき、たん・血たん、微熱、体がだるい、体重が減った、胸の痛み



結核の予防

BCG接種

BCGは結核の発病率を抑え、重症化を防ぐためのワクチンです。
予防接種実施医療機関で実施しています。標準接種期間は、生後5~8か月です。



日頃の健康管理に留意しましょう!

規則的な生活習慣を心掛けて体調を整えていれば、感染しても発病しない可能性は高くなります。



定期的に胸部X線検査を受けましょう!

定期的に胸部X線検査を受けましょう

胸部X線検査で、結核を発病していないかどうかを確認できます。
結核は、早期発見、早期治療が大切です。ご自身の健康状態を把握するためにも、年1回は健診を受けましょう。

65歳以上の人は、法律で年1回の胸部X線検査の受診が義務付けられており、
各保健所で無料で受けられます。(結核・肺がん検診)




問い合わせ先

部署:城南区保健福祉センター健康課
住所:福岡市城南区鳥飼5丁目2の25
電話番号:092-831-4261
FAX番号:092-822-5844
E-mail:kenko.JWO@city.fukuoka.lg.jp