現在位置:福岡市ホームの中の健康・医療・福祉の中の福祉・障がい者の中の交通機関利用・移動への支援から令和2年度福祉乗車券・福祉乗車証の交付について
更新日: 2020年7月8日

令和2年度福祉乗車券・福祉乗車証の交付について

※今年度は新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、「申請・交付は全て郵送」で行います。

<交付対象者>

福岡市に住民登録をしている,前年の合計所得金額が200万円未満で下記の手帳をお持ちの方。
※対象者が18歳未満の場合は,世帯の合計所得金額が200万円未満で下記の手帳をお持ちの方。
 (1)身体障害者手帳1級~3級
 (2)療育手帳A
 (3)精神障害者保健福祉手帳1級
 (4)被爆者健康手帳 すべて
 (5)戦傷病者手帳 すべて
※70歳以上で上記以外の手帳をお持ちの方は,「高齢者乗車券」の交付を受けることができます。
 (一定の所得要件があります。)
福祉乗車券・福祉乗車証は,交付を受けた「本人だけ」が利用できます。

<乗車券の種類>

下記の(1)(2)いずれかの券種を交付します。
1)福祉乗車券と(2)福祉乗車証の併給はできません。
申請・交付後に券種の交換はできません。

(1)福祉乗車券
  
1~5のうち1券種を交付します。
  ※交付は年1回で,紛失されても再交付できません
  1.交通用福祉ICカード(福岡市地下鉄,西鉄電車,JR,西鉄バス,昭和バス,JR九州バス等で利用できます)
  2.今宿姪浜線マイクロバス回数乗車券
  3.市営渡船乗船引換券
  4.タクシー助成券
  5.早良区大字西地区乗合タクシー回数乗車券

2)福祉乗車証
   地下鉄無料パス
   ※今年からすべての交付対象となる方にお選びいただけます。

<申請月と交付額>

交付額は申請される月により下表の4区分となります。
【交付期間】令和2年8月3日(月曜日)~令和3年9月30日(木曜日)
※交付は年1回です。

※令和元年度8月以降に,令和元年度分の福祉乗車券の交付を受けていない場合,所得等の
 要件を満たせば,令和元年度分の福祉乗車券の交付を受けることが出来ます。
 (令和2年9月30までに申請された場合に限ります。)
 詳しくは福祉乗車券等郵送受付センターへお問い合わせください。

申請月 8~12月 翌年1~3月 翌年4~6月 翌年7~9月
市民税非課税の方12,000円9,000円6,000円3,000円
所得200万円未満の方8,000円6,000円4,000円2,000円

 ※福祉乗車証は,福岡市地下鉄の乗車料金が無料になります。

<問い合わせ・申請書送付先>

1.7月13日(月曜日)~9月30日(水曜日)
福祉乗車券等郵送受付センター
【住所】〒810-0072
福岡市中央区長浜一丁目2-8
あいあいセンター内
【電話】0120-368-300
【FAX】0120-368-350
【Email】fukushi-ken@city.fukuoka.lg.jp
【時間】平日午前9時~午後5時

2.10月1日以降
所持している手帳の種類によって,窓口が異なります。
(1)身体障害者手帳,療育手帳,被爆者健康手帳,戦傷病者手帳をお持ちの方
  ・・・お住まいの区の福祉・介護保険課(障がい者福祉係)
(2)精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方
  ・・・お住まいの区の健康課

<申請に必要なもの>

(1)福祉乗車券・福祉乗車証交付申請書(word形式 (20kbyte)/PDF形式(496kbyte)
  ※記載例はこちら (PDF:654kbyte)
【代理人申請の場合】
(2)1.交付対象者の手帳等の写し 2.代理人の本人確認書類の写し 3.代理人との関係を称する書類の写し

※申請書の記入が難しい方,住民票以外の住所地への交付を希望される方は上記問い合わせ先までご相談ください。

<乗車券等の有効期限>

(1)交通用福祉ICカード・・・有効期限なし
   ※ICカードの最後の利用から10年間利用が無い場合には失効することがあります。
(2)福岡市営渡船乗船引換券,今宿姪浜線乗合マイクロバス回数乗車券,タクシー助成券,早良区大字西地区乗合タクシー回数乗車券,福祉乗車証・・・令和3年9月30日まで
   ※未使用の令和2年度福祉乗車券が残っていても,令和3年10月1日以降はご利用できません。

<タクシー助成券について>

(1)タクシー助成券が利用できるタクシー会社についてはこちら  (PDF:368kbyte)をご覧ください。

(2)1回の乗車につきタクシー助成券は,1枚のみ利用できます。
  ※タクシー助成券1枚で,タクシー乗車料金の500円分を助成します。
   タクシー降車時の運賃額から,500円を差し引いた金額を自己負担でお支払いください。
(3)タクシー降車時の運賃額が500円未満のときは,タクシー助成券を利用できません。

(4)「福岡市福祉タクシー利用券」など,福岡市が発行する他の券と同時に,タクシー助成券を利用することはできません。

(5)身体障害者手帳,療育手帳または精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方は,タクシー助成券を利用するとき,手帳を乗務員に提示してください。
   提示することで,タクシー利用料金が1割引きとなります。(利用料金の割引は事業者ごとに適用が異なります)

(6)令和2年4月から交付している「福岡市福祉タクシー利用券」の交付を受けている人は,タクシー助成券を選択できません。

<交通用福祉ICカードについて>

(1)令和2年度は新たなICカードに助成金額をチャージしてお送りしますが,ICカードの交付は1回限りです。
   一度交付を受けたICカードは,翌年度以降も繰り返し使います。ICカードの残額がなくなっても,なくさないように大切に保管してください。

(2)令和3年度以降,既に交付を受けたICカードを紛失されている場合は,再発行するための一部負担金として, 助成額から500円減額して交付します。
   交付後に,紛失したICカードを発見された場合でも,減額した500円はお返しできませんのでご注意ください。

(3)令和2年度分の交付後に,カードを紛失された場合は,次回令和3年度(令和3年8月から交付)の交付時まで再発行はできません。

(4)ICカードには現金をチャージしないでください。現金をチャージした場合,払戻しは一切できません。
   また,ICカードを紛失しても,払戻しや他のICカードへの移行はできません。

(5)ICカードは交通専用ですので,店舗等で電子マネーとして利用することはできません。

(6)駅改札機や券売機などでICカードの読み取りができなくなるなど,不具合が発生したときには,お住まいの区役所の福祉・介護保険課(精神障害者保健福祉手帳を持つ人は健康課)までお持ちください。
   翌日以降,新しいカードをお渡しいたします。