現在位置:福岡市ホームの中の健康・医療・福祉の中の高齢・介護の中の介護の中の介護保険制度の概要の中の要介護認定からまず,申請します(要介護認定)
更新日: 2019年7月10日

まず,申請します(要介護認定)

概要

介護保険のサービスを利用するには,介護や支援が必要な状態と認定(要介護認定)を受ける必要があります。まず,要介護認定の申請をします。



対象者(介護保険のサービスを利用できる人)

(1) 第1号被保険者(65歳以上の人)

原因を問わず,日常生活を送るために介護や支援が必要な人


(2) 第2号被保険者(40歳以上65歳未満の人)

加齢に伴う病気(特定疾病)が原因で,日常生活を送るために介護や支援が必要な人



申請方法

福岡市要介護認定事務センターへ郵送するか,または福岡市要介護認定事務センター支部(各区福祉・介護保険課に隣接)で要介護認定の申請をしてください。
認定の申請は,家族などが代理で行うことができます。


申請に必要なもの

  • 要介護認定・要支援認定申請書
  • 介護保険被保険者証(原本)
  • 申請者の身元確認書類
  • マイナンバーの確認できる書類

※40歳以上65歳未満の人は医療保険被保険者証が必要な場合があります。


要介護認定・要支援認定申請書の様式です。また,認定調査の参考にさせていただきますので,要介護認定訪問調査個票を上記入いただき,申請書に添付していただくようご協力お願いいたします。


下記のページから申請をダウンロードすることができます。


※認定結果については、市が申請を受理した日から30日以内に通知をすることになっています。



マイナンバー制度について

平成28年1月からのマイナンバー制度開始に伴い,介護保険の手続にかかる申請書等にマイナンバーの記載と,手続の際に本人確認が必要になります。
上記の「申請に必要なもの」とは別に書類が必要となりますので,詳しくはマイナンバーの利用が始まりますのページをご覧ください。


認定前にサービスを利用したときは・・・


要介護認定の効力は、申請日にさかのぼりますので、申請日から認定日までの間でも暫定ケアプランを作成し、それにもとづく介護保険のサービス利用できます。
ただし、認定の結果が暫定ケアプランで想定した要介護度より低い、もしくは「非該当」であった場合、その分の費用は全額自己負担となります。


申請中に亡くなられた場合には・・・

申請中の手続きに関してご案内しますので、福岡市要介護認定事務センターまでご連絡いただきますようお願いいたします。


新規申請・区分変更申請の場合

亡くなられる前までに認定調査が完了し、主治医意見書の提出を受けることができた場合で、すでに介護サービスを利用されているなど認定結果を必要とする場合には、手続きを継続します。
亡くなられる前までに認定調査が完了していない場合は、審査判定に必要な資料が揃わないため、手続きを継続することはできません。


更新申請の場合

更新前の認定の有効期間中に亡くなられた場合は、現在の有効期間までとなり更新はできません。
更新前の認定の有効期間満了後に亡くなられた場合には、「新規申請・区分変更申請」と同様の取扱いとなります。



お問合せ及び郵送先

福岡市要介護認定事務センター
〒810-0072 福岡市中央区長浜3丁目11-3-505
電話:092-711-6030
FAX:092-711-6524