現在位置:福岡市ホームの中の健康・医療・福祉の中の健康・医療・年金の中の福岡100から福岡100食サミット(トークセッションⅠ 「食×スタートアップ」)
更新日: 2020年7月8日

福岡100食サミット

 開催日:21日 場所:Fukuoka Growth Next

100歳まで生きるのが当たり前になるといわれる時代。
そのなかで、生活にもっとも密着し、重要な役割を果たすのが「食」です。
これからの「人生100年時代」において、「食」の可能性を考える場として、先日
Fukuoka Growth Next福岡市中央区大名)で、「福岡100食サミット」が行われました。
スタートアップ、観光、健康、高齢者という4つの切り口で、各テーマに造詣が深いゲストを迎えて行われたトークセッション、事前に募集し選ばれた「#がめ煮つくろう」レシピコンテストの表彰式など、貴重な話題が盛りだくさんだったイベントの模様をご紹介します。



トークセッションⅠ 「食×スタートアップ」

 

●モデレーター 
 (株)デジタルガレージ DG Labエグゼクティブマネージャー 豊原稔氏

●パネリスト
 (株)オルターブース 代表取締役 小島 淳氏
 (株)アイル 代表取締役 早田 圭介氏 
 シルタス(株) 代表取締役 小原 一樹氏

食とITを組み合わせてイノベーションを起こそうというフードテックの動きが、昨今広がりを見せています。オープンイノベーション型の研究開発組織で、バイオヘルス領域の事業開発を担当している、(株)デジタルガレージ DG Labエグゼクティブマネージャー 豊原 稔氏をモデレーターに迎え、フードテックの分野で三者三様の事業をしている3企業の代表が、フードテックの現状と未来について語り合いました。

(株)デジタルガレージDG Labエグゼクティブマネージャー豊原稔氏をモデレーターに迎え、フードテックの分野で三者三様の事業をしている3企業の代表が、フードテックの現状と未来について語り合いをした写真


豊原:まずは、それぞれ自己紹介と事業紹介をお願いします。


小原:私たちは、普段の買い物履歴から栄養診断、栄養管理をする「SIRU+(シルタス)」というアプリを作っています。実をいうと、僕は健康にはあまり興味がありません。むしろ食べるのが好きで、酒も大好きで、昨日福岡入りしたのですが、「あれも食べたいこれも食べたい」と1人で4軒ほどはしごしてしまいました(笑)。

 “ヘルスケア”というのは、健康に興味がない人間にはちょっと息苦しい分野なのではないかと思います。健康を気遣うのは大事ですが、それだけだと人生豊かになっていかない。だから、健康的な生活に自分の生活を合わせるのではなく、自分の生活に健康的な生活を合わせていく「ライフヘルスケア」という考え方を僕らは掲げています。また、ヘルスケアは、課題解決先行型の不思議な市場です。普通は先に課題発見があって、その後にサービスの提供があるはずなのに、「こうすれば安眠できる」とか「こうすれば体調改善される」というマーケティング先行で、本当の問題点が見えていません。

「SIRU+」は、その人の買い物履歴から、買った食品を栄養素に変換して分析し、本人でさえ理解していない栄養状態を顕在化させる無料アプリです。使い方も簡単で、家族構成や、どんな健康を目指したいかを入力して、買い物時に使うポイントカードやクレジットカードを登録し、あとは買い物するだけです。僕らは、そのデータからユーザーには、パーソナライズされた分析結果や、おすすめの商品・食品の情報を提供し、その一方で、企業や流通へはそのデータを二次活用した情報のフィードバックを行っています。


小島:僕の場合は、食というよりITに関心があり、会社もフードテックの“テック”にぐっと寄った会社です。僕らが提供するのは「My Sauce Factory」というサービスで、これは、インターネットで簡単に自分だけのオリジナル調味料を1本単位で作れるというものです。しょっぱい、甘い、辛いなどの項目を、一つひとつのパラメーターで設定することができ、自分の好みの調味料を作ることができます。

僕らがこの事業を始めた理由は、シルタスさんと同様に、パーソナルデータをとって、もう少し違う形の社会課題を解決につなげるためです。一例をあげると、スマートストア(ITをフル活用した先進的小売店)のようなものです。僕らのサービスはネットでしか買えませんが、実際手に取って、味を確かめて買いたいというお客様もたくさんいます。そこで、店舗型でなおかつインターネットのサービスを手軽に使える仕組みづくりに取り組んでいます。また、現在は、大型モールのフードコートなどで、テーブルを見つけたら、そこからはネットサービスで、注文から呼び出し音までが完了するという仕組みを検証中です。
またFoodTech JP Meetupという「食」にフォーカスしたビジネスを紹介するエンターテイメントコミュニティのイベントも東京や福岡など各地で主催しています。


早田:弊社は、フードテックというより、フードを作っている会社で、野菜のシート「ベジート」という商品を作っています。20年ほど前に、長崎県の平戸市という人口3万人の町で、事業に着手したのですが、試行錯誤を繰り返して、数年前やっと世間に出しても恥ずかしくない商品が完成し、一昨年(2018年)6月から東京のイトーヨーカドーさんで販売が開始されました。九州ではイオンさんなどで販売しています。

フードテックとはかけ離れているかもしれませんが、私共の事業コンセプトは「環境、地域、人にやさしい」ということです。今日はSDGs(国連の「持続可能な開発目標」)のバッジもつけているのですが、「ベジート」は、環境問題やフードロスの対策にもなるということで、規格外の野菜を活用して開発しています。実はフードロスの対象に、規格外野菜は入っていないのですが、現在日本全国でフードロスは、630万トンといわれ、一方、未利用の野菜は1400万トンもあるのです。世界中で、野菜をシートにしたものは約10種類あるのですが、どれもさして味がありません。そこで、私たちが目指したのは、野菜そのものの栄養と味を残した体にいい食品です。野菜をペーストにして乾燥させた非常にシンプルなものですが、シンプルだからこそ、テクノロジーの力が必要でした。

野菜は本来、時間がたつと変色してしまうもので、添加物を使わず、変色を防ぐのは非常に困難です。さらに栄養も残したいということで、そのため開発には非常に時間がかかりました。現状のもので2年間は保存できるのですが、これを5年くらいまで伸ばせないかと、今も研究を続けています。5年もてば保存食や常備食、防災食にもなるからです。また、パリッとした歯ごたえを出すため、厚さは黒海苔と同じ0.1ミリメートルにしていますが、この技術もなかなか難しく、特許を取得した製法で作っています。

シート状なので当然、巻物に使えますし、市販の弁当などのビニールの仕切りカップにも代用でき、食べる器にすることでゴミも減らせます。また、このように(スライドを見せながら)鶴も折ることができます。溶かしてオレンジジュースを入れれば、オレンジジュレも作れますし、アイデア次第でいろんな料理に使うことができます。



(株)デジタルガレージDG Labエグゼクティブマネージャー豊原稔氏の写真
豊原:お三方から、三者三様のスタートアップの実例を聞かせていただいたところで、まずは、私の簡単な自己紹介と、フードテックについての説明をさせていただきます。私がいるデジタルガレージという会社は、Twitterやカカクコムといったインターネット関連の会社に早くから投資をしてきた会社です。また、スタートアップの支援プログラム、「Open Network Lab」を通じて、これまでに110社を超えるスタートアップを支援しています。そのなかで私は、現在バイオとヘルスケア分野のスタートアップの発掘や支援をしています。

次に、フードテックについて。食は世界で約700兆円の市場があるといわれています。そこで食の課題をテクノロジーで解決しようというのがフードテックです。具体的には、クックパットのようにレシピをデジタルで配信したりするもの。「食べログ」や「ぐるなび」などの飲食店向け情報サービス、農業にテクノロジーを導入するアグリテック、代替食・完全食の昆虫食まで、フードテックの守備範囲は非常に多岐にわたります。そこで、今日は「テクノロジーによって、食はどう変わっていくのか」ということで、テクノロジーが食という分野でできることを、3社の取り組みから引き出していければと思います。




ー食というテーマで事業を始めた理由は?



シルタス(株)代表取締役小原一樹氏の写真
小原:それは僕自身、食が好きだからです。食べることは、「楽しみ」であると同時に、「生命維持」のためでも行為でもある。健康のために食事を選んでいくと、おそらく楽しみが減っていき、逆に楽しいことばかり選んでいくと、後で健康を害していく。この食における二者択一が、僕はとても嫌で、そこにテクノロジーを使って第三の道をつくれないか、と思ったのが起業の理由です。


豊原:健康無関心層という言葉がありますが、病気、不健康、未病の境目は非常に曖昧で、病名がついて初めて、人は健康に気を遣うようになるようなところがあります。シルタスさんがしている、「意識せずにデータを取ること」は、ヘルスケアにおいて実に大事なところで、「意識せずに、自分の栄養状態が解析できる」ということに価値があると思います。


小島:うちはITの会社で、食とはまったく関係ないところからスタートしています。ほとんどの人は、ITというとインターネットとかパソコンくらいのイメージしかありません。しかし、ITはもっと複雑で、大きな可能性に満ちています。僕らはITのなかのクラウドという事業をしていて、そのクラウドで、どうしたらみなさんにもっとわかりやすくサービスを提供できるかということを考えた時に、一番身近だったのが健康、そしてその主要要素だったのが食です。僕らが目指すのは、僕らの提供する食にまつわるサービスを使うことで、人々は自然とクラウドを使っている状態になり、クラウドというものが、自然と社会の中に浸透していくことです。僕がIT事業を始めたもう一つの理由は、ITを使って社会課題を解決することです。社会課題には、食以外にも地域の問題などいろいろなものがありますが、まずは一番身近な食の問題を解決できないかと思っています。


豊原:食と自分の問題をテクノロジーの力で解決できないかというのは、フードテックでも重要な視点だと思います。どんな問題もテクノロジーの側から解決できるのではないか、と仮説を立て、そこに飛び込む人が多いのもフードテックが盛り上がっている一つの要因かもしれません。逆に、食にどっぷりつかった事業をされている早田さんはどうですか。


早田:私は、かつて証券マンをしていました。家庭の事情で、実家に戻らねばならなくなり、人口3万人の町で成立するビジネスを考えたときに、まずエリア外で収益を上げる必要がある、それができるのは「ものづくり」しかないなと考えました。そうして全国を見てみて回り、たどり着いたのが野菜のシートです。ものづくりにはまず材料が必要ですが、田舎であれば、食材(材料)だけはふんだんにある。そこを利用すれば、このちっぽけな田舎でも、戦えるのではないかという思いから食にたどり着きました。


豊原:さきほども言ったように、食は700兆円のビジネスなので、何かしら変えていくことで、結果が大きく変わっていく可能性がある。また、個人の生活に密接に紐づいているものなので、変化も分かりやすい。テクノロジー側の立場からすると、食は解決するのに大変やりがいのある課題であるといえます。


ー食にIT(テクノロジー)を交えていくことで何が、どう変わっていくか


 


(株)アイル代表取締役早田圭介氏の写真
早田:私たちがしているのは、ものづくりです。テクノロジーを使い、保存できる食材を作っています。今後、世界的な食糧不足の時代がやってくるといわれていて、そんななかで食料を保存することは、人類にとって非常に大事です。穀類は保存ができるので相場も荒れませんが、野菜は天変地異で不作になると、値段がどんどん上がります。だから、私たちは「人類の食料を保存する」という目的で、野菜をコンパクトに保存できる技術の開発に取り組んでいます。そうすることで、社会を変えられる可能性は十分あると思います。


小島:僕は、食べ物が僕らの口に入るまでの製造現場、物流、店舗というさまざまな過程すべてが食だと思っています。また食には“レガシー”と呼ばれる古いしくみが多くあります。そこに少しずつITを導入していくことで、仕事が楽になり、楽を組み合わせていくことで、僕たちの生活はもっと豊かになります。みなさんが、知らず知らずのうちにITを使っている状態になれば、生活環境はもっともっと向上していくのではないかと思います。


小原:僕は、食にテクノロジーを加えることは、「勘」からの脱却だと思っています。データが蓄積されることで、その人が10年前、20年前に食べていたものも分かるようなり、そのデータをもとに一人ひとりに最適なサービスが提供できるようになる。僕らが目指すのは、そんなサービスです。例えば、ほとんどの人にビタミンCが足りていないとしても、僕らのサービスでは全員に違うレコメンドが出ます。なぜなら、僕らはみなさんの普段の買い物を知っているからです。だから、毎週ひき肉を買っている人には、ひき肉と合うようなビタミンCが取れる食材をお勧めできるようなシステムを作っています。


豊原:多くの人に意識せずテクノロジーを使ってもらいたいけれど、誰にでも一律のものを提供されると、やはり違和感がありますよね。今後は、情報も各個人の嗜好や興味に合わせて、「パーソナライズ」されることで、そんなサービスやテクノロジーが違和感なく受け入れられるようになってほしいですね。


ー食というテーマで事業するなかで、苦労していることは?




(株)オルターブース代表取締役小島淳氏の写真
小島:僕らはITの会社なので、食という部分で苦労を感じたことはないですね。ちなみに、店舗、レストラン、スーパーなどに務めている人で、職場で改善したいことがある人はいませんか。例えば、飲食店の経営は、非常に難しく、たくさんの苦労話があります。それをITで変えられたらすごいと思いませんか。ITの力で売り上げを倍増させることも夢ではありません。そういうITもまたフードテックだと思います。僕は、苦労話というのがあまり好きではありません。どちらかといえば、それをどう解決するかということに興味があります。さきほどのフードロス、店舗経営も、全部フードテックで解決できると思っています。個人のデータを取ることは、現在、僕の会社もシルタスさんもやっていますが、今後は、もっと店舗や物流のデータを取って、個人の生活に反映させていくことが大事だと思っています。だからこそ、改善したいことがあれば、ぜひITを使ってほしいのです。


小原:僕も苦労はしていないのですが、大変なことがあるとすれば、食はサイエンスというより、アートだということです。食の好みは人それぞれ違います。だから「これ買った人は、これも好きだろう」という予測はまったく通用しません。アートをテクノロジーでどう分析していくかが一番大変です。もう1つ、食は非常に習慣化されたもので、母親から引き継がれた味など、何十年も自分の身にしみついているので、いきなりは変えられません。僕らは、そのデータ化を機械学習で解決しようとしているのですが、その精度については、まだまだ改善に時間がかかるところです。


早田:20年かけて商品を作っているので、私の場合は、苦労しかしていません(笑)。私たちはサービス業ではなく、製造業なので、泥臭いことをずっとやり続けています。それに、私は拝金主義があまり好きではなく、世の中の人が、それぞれに満足できて、平等にニコニコし合える社会を願っています。そのために保存できる野菜で社会に貢献したい、それをよりおいしく、健康にもいいものにしたいと思っています。大学で専門的な勉強をしたわけでもないので、一つひとついろんな文献を読んで、仮説を立てて、やっては失敗の繰り返しです。フードロスのために事業をやっているのに、実験の結果、今までに50t~100tというニンジンを捨てているのではないかと思います(笑)。もったいないが、そうすることで今後100tのニンジンが救われれば、という思いでやっています。お金儲けのためにやっていたら20年も続かなかったでしょう。私も55歳になり、体力的には限界ですが、そういう使命感を胸にがんばっています。


豊原:最後に、今の事業に関わらず、お三方が考えるフードテックの未来、あるいはどんな未来にしたいか教えてください。


小原:僕が実現したいのは、意識しなくても健康になれる食が手元に届くサービスです。人は食べるまでに多くの意思決定をしています。外食なら、どの店で、何を食べようという選択から、家では、何を買って、何を作ろうという選択まで。しかし、その選択をした結果、どうなるのかが分からないまま、何気なく意思決定をしているのが現状です。だからこそ、得たかった結果から外れてしまうことが多くあります。例えば、「風邪を引きたくないから免疫力を上げたい」という方ならば、この食材よりもこっちの食材を食べたほうがいいのに、知らないから正しい選択できない。自分の得たい結果を考慮した上で最適な食の提案があれば、誰もが無理せず健康を目指せるのではないかと考えています。得たい結果から逆算したサービスを提供できる未来を、フードテックで作っていきたいと思います。
 

小島:現在、僕らはITを具現化する一つの方法として、個人が口にする食そのもののサービスを提供していますが、なかなか本来の目的である社会課題の解決に至っていません。今後は、フードテックで、地域課題や店舗経営、食の物流など、もう少し広域な社会課題の解決にも参入していきたいと思っています。また、フードテック業界も、将来的に参入障壁が低く、それを使って儲けられるような業界になってほしい。食は、地域課題にも密接し関係しているので、食の世界を変えることで、社会のいろんな部分を変えることができるのではないかと感じています。


早田:日本はフードロスが問題になり、食べ物が余っている状態である一方、世界では飢餓に苦しむ10億人の人々がいます。だからこそ、ひと様の喜ぶ笑顔が儲けだと思って、もっと食べ物が広域に行き渡るような世界を作っていければと思っています。


左からデジタルガレージ豊原稔氏、シルタス小原一樹氏、オルターブース小島淳氏、アイル早田圭介氏4人が並んだ写真

最後の質問コーナーでは、会場から「『ベジート』は非常いい商品だが、価格的にちょっと高い」という意見がでました。それに対し、「それは、大きな課題。できれば、海苔と同じくらいの価格になるように、努力しているが、安心安全は譲れない。また、規格外の野菜を使っているのは、日本の農家の底上げをするためで、その原価は下げたくない。そこを何とか私たちの技術で下げたいと思っている」と答えた(株)アイルの早田氏。

一方、(株)オルターフーズの小島氏からは、「価格を下げるということは、そこに関わる人々全員のコストを下げること。まずは、商品の価値と、企業努力を評価してほしい」という意見もありました。

「価格は、スタートアップ企業が、最初にぶつかる壁。まずは、その価値を理解して使ったり、買ったりしてみて、みなさんにもフードテックの未来というものを感じていただければと思う」というモデレーター豊原さんのコメントで、セッションは幕を閉じました。