現在位置:福岡市ホームの中の健康・医療・福祉の中の健康・医療・年金の中の健康・健康保険の中の予防接種に関することから子どものインフルエンザ任意予防接種費用を助成します
更新日: 2020年9月15日

子どものインフルエンザ任意予防接種費用を助成します

新型コロナウイルスとの同時流行を防ぐため,今年度に限り,子どものインフルエンザ予防接種の費用を助成します。


1.実施期間

令和2年10月1日(木曜日) から 令和3年1月31日(日曜日) までに1人1回
※事前に実施医療機関へ予約が必要です。
 
厚生労働省が示した接種時期の目安により,子どもの予防接種は10月26日(月曜日)以降に実施していただくよう協力依頼があっていますので,できるだけ10月26日以降での接種をご検討ください。
※10月26日以降も,65歳以上の方等(定期接種対象者)が優先的に接種される場合があります。
季節性インフルエンザワクチン接種時期ご協力のお願い(厚生労働省パンフレット) (200kbyte)pdf



2.対象者

 福岡市内に住民票(外国人登録を含む)があり、生後6か月(接種日時点)から高校3年生相当の子ども

 ※「高校3年生相当」とは,令和3年4月1日時点で18歳の年齢の方を指します。



3.個人負担金

1,000円 (医療機関の窓口でお支払いください。)
※13歳未満は2回の接種が推奨されていますが,助成を受けられるのは1人1回です。




4.実施医療機関 事前に電話で予約をしてください

福岡市が指定した医療機関

  • 〇実施医療機関リスト(準備中)

   ※福岡市外の医療機関は対象外です。(払い戻しはありません)




5.接種を受ける前に,新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA)のインストールをお願いします。

この助成制度は,「新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA)」の普及促進を目的の1つとしています。
接種を受ける方やその保護者でスマートフォンをお持ちの方は,新型コロナウイルス感染拡大防止のため,接種を受ける前にアプリのインストールをお願いします。
※スマートフォンをお持ちでない方や,スマートフォンのソフトウェアが古くてインストールができないなどの事情がある方も助成は受けることができます。

アプリについての詳細は,厚生労働省ホームページ新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA)をご覧ください。



アプリのインストール方法

・App StoreまたはGoogle Playで「接触確認アプリ」で検索してインストールしてください。

Google Playはこちらから


画像:Google Playの2次元コード

App Storeはこちらから 


画像:App Storeの2次元コード


6.実施医療機関へ持参する物

住所・氏名・年齢が確認できるもの
 『健康保険被保険者証』など。


母子健康手帳


保護者以外が同伴する場合は,保護者から同伴者への委任状
委任状 (154kbyte)pdf


13歳以上で保護者が同伴しない場合(既婚者は除く)
予診票 (463kbyte)pdfの同意欄に保護者の署名を記入したもの




7.予診票等




お問い合わせは、各区保健福祉センター(保健所)健康課へ。


各区保健福祉センター(保健所)健康課 
問い合わせ先
電話番号
FAX番号
 東区健康課
092-645-1078
092-651-3844
 博多区健康課092-419-1091092-441-0057
 中央区健康課092-761-7340092-734-1690
 南区健康課092-559-5116092-541-9914
 城南区健康課092-831-4261092-822-5844
 早良区健康課092-851-6012092-822-5733
 西区健康課092-895-7073092-891-9894


情報掲載課

 部署 保健福祉局保健医療部保健予防課
 住所 〒810-8620 福岡市中央区天神1丁目8番1号
 TEL 092-711-4270   FAX 092-733-5535
 email  hokenyobo.PHWB@city.fukuoka.lg.jp