現在位置:福岡市ホームの中の健康・医療・福祉の中の健康・医療・年金の中の健康・健康保険の中の感染症予防に関することの中の新型コロナウイルス感染症についてから消毒用アルコールがない場合の消毒・除菌について|新型コロナウイルス感染症対策
更新日: 2020年3月3日

消毒用アルコールがない場合の消毒・除菌について

<ページ内メニュー>


<別ページ>



新型コロナウイルスを含む感染症対策の基本は、「手洗い」や「マスクの着用を含む咳エチケット」です。

ドアノブや電車のつり革など様々なものに触れることにより、自分の手にもウイルスが付着している可能性があります。

外出先からの帰宅時調理の前後食事前などこまめに手を洗います。


手指の消毒・除菌

せっけんを使い、丁寧に洗い、流水でよく流します。


正しい手の洗い方

手洗いの前に、爪は短く切っておきましょう。時計や指輪は外しておきましょう。


  1. 流水でよく手をぬらした後、石けんをつけ、手のひらをよくこすります。
  2. 手の甲をのばすようにこすります。
  3. 指先・爪の間を念入りにこすります。
  4. 指の間を洗います。
  5. 親指と手のひらをねじり洗いします。
  6. 手首も忘れずに洗います。

正しい手の洗い方の画像

石けんで洗い終わったら、十分に水で流し、清潔なタオルやペーパータオルでよく拭き取って乾かします。



 

屋内の消毒・除菌


ドアノブなどの身の回りの物の表面の消毒には、「次亜塩素酸ナトリウム」が有効です。


<手指がよく触れるものの例>

 ドアノブ、窓の取手、照明のスイッチ、テーブル、椅子、電話機、パソコンのキーボード、水道の蛇口、洗水レバー、便器のフタ、エレベーターやオートロック、コピー機等のボタン


<消毒の方法>

  • ペーパータオル等に十分に薬液を含ませて拭き,水拭きする(濡れている場合には水分を拭き取った後行う)。
  • スプレーボトルでの噴霧は,ウイルス飛散の可能性があるため,好ましくありません。

※注意※手荒れの可能性があるため,直接触れないよう,また,手指の消毒には使用しないでください。


<消毒液の作り方(次亜塩素酸ナトリウムの場合)

  • 次亜塩素酸ナトリウムは、一般的に「塩素系漂白剤」(塩素濃度約5%)として販売されています。
  • 製品に記載されている濃度をもとに、用途に応じ、薄めて使用してください。
  • 消毒対象の材質により,使用方法が異なることがありますので,製品に記載された「使用上の注意」をよく読んで使用してください。

用途濃度希釈方法
嘔吐物が付着した床等の処理0.1%500mlのペットボトル1本の水に塩素系漂白剤を10ml(ペットボトルのキャップ2杯)入れる。
ドアノブ,手すり等の消毒0.05%500mlのペットボトル1本の水に塩素系漂白剤を5ml(ペットボトルのキャップ1杯)入れる。


ちらしダウンロード

手指の消毒・除菌、屋内の消毒・除菌、手洗いに関するちらしの画像手指の消毒・除菌、屋内の消毒・除菌、手洗いに関するちらしの画像

このページの内容が掲載されたちらし「消毒用アルコールがない場合の消毒・除菌について《3月3日改訂》 (839kbyte)pdfをダウンロードできます。