現在位置:福岡市ホームの中の健康・医療・福祉の中の健康・医療・年金の中の健康・健康保険の中の感染症予防に関することの中の新型コロナウイルス感染症に関する情報(トップ)の中の新型コロナウイルス感染症に関することから福岡市の事例詳細(2~3月)<新型コロナウイルス感染症>
更新日: 2020年3月31日

福岡市の事例詳細(2~3月)<新型コロナウイルス感染症>


 新型コロナウイルス感染症に関する情報 → 新型コロナウイルス感染症について(トップ)

 福岡市の患者発生状況 → 福岡市での状況


【参考】陽性患者数,検査件数の日別のデータなどは,Code for Fukuokaが開設したサイトでご覧いただけます。

   『福岡市新型コロナウイルス感染症対策ポータルサイト(別サイト)

 ※Code for Fukuoka が『福岡市新型コロナウイルス感染症対策ポータルサイト』を開設しました



3月31日

事例23

概要

  • 年齢・性別等:30歳代男性(福岡市早良区在住)
  • 症状等:熱感,咳
  • 職業:会社員
  • 最近の海外渡航歴なし

患者確認までの経緯

  • 3月28日,発熱38℃。
  • 3月30日,陽性者の濃厚接触者として,帰国者・接触者外来を受診し,PCR検査実施。
  • 3月31日,検査の結果,陽性であることが判明。感染症指定医療機関へ入院。

患者行動歴

  • 3月24日に陽性者と約8時間接触あり。
  • その他,調査中。

濃厚接触者

  • 調査中。

事例22

概要

  • 年齢・性別等:50歳代男性(福岡市南区在住)
  • 症状等:発熱,倦怠感,肺炎
  • 職業:会社員
  • 最近の海外渡航歴なし

患者確認までの経緯

  • 3月25日,発熱,軽い咳,倦怠感あり。医療機関Aを受診。
  • 3月30日,発熱が続くため,医療機関Bを受診。CT検査の結果,肺炎の所見あり。保健所に連絡のうえ,帰国者・接触者外来を受診。PCR検査実施。
  • 3月31日,検査の結果,陽性であることが判明。
  • (医療機関A,B受診時は,マスクを着用。)

患者行動歴

  • 3月25日に早退し,医療機関受診。
  • 発症後,医療機関受診以外自宅で療養。

濃厚接触者

  • 同居の家族(妻)を特定し,調査中。

事例21

概要

  • 年齢・性別等:40歳代男性(福岡市博多区在住)
  • 症状等:発熱,肺炎
  • 職業:調査中
  • その他:調査中

患者確認までの経緯

  • 3月25日,悪寒出現。
  • 3月26日,39℃の発熱あり。医療機関Aを受診。
  • 3月30日,発熱が続くため医療機関Aを再受診。紹介され,医療機関Bを受診。保健所に連絡のうえ,帰国者・接触者外来を受診。CT検査の結果,肺炎の所見あり。PCR検査実施。
  • 3月31日,検査の結果,陽性であることが判明。

患者行動歴

  • 調査中。

濃厚接触者

  • 調査中。

事例20

概要

  • 年齢・性別等:40歳代男性(福岡市東区在住)
  • 症状等:発熱,肺炎
  • 職業:自営業
  • 最近の海外渡航歴なし

患者確認までの経緯

  • 3月24日,発熱37℃台。
  • 3月26日,発熱が続くため,医療機関Aを受診。
  • 3月30日,発熱が続くため,医療機関Aを再受診。医療機関Bへ入院。保健所に連絡のうえ,PCR検査実施。
  • 3月31日,検査の結果,陽性であることが判明。感染症指定医療機関へ入院。

患者行動歴

  • 発症後,医療機関受診以外は,外出なし。

濃厚接触者

  • 調査中。

事例19

概要

  • 年齢・性別等:60歳代男性(福岡市早良区在住)
  • 症状等:発熱,咳,肺炎
  • 職業:団体職員
  • 最近の海外渡航歴なし

患者確認までの経緯

  • 3月23日,発熱37℃台,咳出現。
  • 3月24日,発熱が続くため,医療機関Aを受診。
  • 3月26日,発熱が続くため,医療機関Aを再受診。
  • 3月28日,発熱が続くため,医療機関Aを再々受診。
  • 3月30日,保健所に連絡のうえ,帰国者・接触者外来を受診。PCR検査実施。
  • 3月31日,検査の結果,陽性であることが判明。

患者行動歴

  • 発症後,医療機関の受診以外は,自宅で療養。

濃厚接触者

  • 同居の家族(妻,子)は特定し,調査中。
  • その他濃厚接触者については,現在調査中。


3月30日

事例18

概要

  • 年齢・性別等:1歳未満女児(福岡市南区在住)
  • 症状等:発熱38℃台(3月30日朝より)
  • 事例17の子

事例17

概要

  • 年齢・性別等:20歳代女性(福岡市南区在住)
  • 症状等:なし
  • 職業:無職
  • 最近の海外渡航歴なし

患者確認までの経緯

  • 3月29日,陽性者の濃厚接触者として,帰国者・接触者外来を受診し,PCR検査実施。
  • 3月30日,検査の結果,陽性であることが判明。感染症指定医療機関へ入院。

患者行動歴

  • 調査中。

濃厚接触者

  • 同居の家族はPCR検査結果,陰性。
  • その他の濃厚接触者については,調査中。


3月29日

事例16

概要

  • 年齢・性別等:30歳代男性(福岡市南区在住)
  • 症状等:発熱,肺炎,軽度の咳
  • 職業:自営業
  • その他:調査中

患者確認までの経緯

  • 3月21日,発熱38℃台,咳あり。
  • 3月28日,発熱・咳が続くため,医療機関Aを受診。保健所に連絡のうえ,医療機関Bを受診。PCR検査実施。
  • 3月29日,陽性であることが判明。医療機関Cへ入院。

患者行動歴

  • 発症以降,自宅と事業所を往復。

濃厚接触者

  • 同居の家族は特定。濃厚接触者は妻のみ。
  • その他の濃厚接触者については,現在調査中。

事例15

概要

  • 年齢・性別等:60歳代男性(福岡市博多区在住)
  • 症状等:発熱,肺炎
  • 職業:無職
  • 最近の海外渡航歴あり

患者確認までの経緯

  • 3月8日からタイに滞在。
  • 3月25日,帰国(羽田~福岡~地下鉄)。
  • 3月26日,発熱38℃台。
  • 3月28日,発熱が継続するため,医療機関Aを受診。CT検査の結果,肺炎の所見あり。保健所に連絡のうえ,医療機関Bを受診。PCR検査実施。(医療機関A,B受診時は,マスクを着用)
  • 3月29日,陽性であることが判明。感染症指定医療機関へ入院。

患者行動歴

  • タイの空港からマスク着用。帰国後,外出時は必ずマスクを着用。
  • 発症後,散歩と受診以外の外出なし。

濃厚接触者

  • 同居の家族(妻)は特定。濃厚接触なし。
  • その他の濃厚接触者なし。

事例14

概要

  • 年齢・性別等:50歳代女性(福岡市中央区在住)
  • 症状等:発熱,倦怠感
  • 職業:自営業

患者確認までの経緯

  • 3月24日,発熱38℃台。
  • 3月27日,発熱が続くため,医療機関Aに受診。保健所に連絡のうえ,帰国者・接触者外来を受診。CT検査の結果,肺炎の所見あり。(医療機関Aには,マスクを着用し,自家用車で受診)
  • 3月28日,PCR検査実施。
  • 3月29日,検査の結果,陽性であることが判明。感染症指定医療機関へ入院。

患者行動歴

  • 調査中。

濃厚接触者

  • 家族を含め,濃厚接触者については,現在調査中。


3月28日

事例13

概要

  • 年齢・性別等:70歳代男性(福岡市西区在住)
  • 症状等:発熱,咳,肺炎
  • 職業:自営業

患者確認までの経緯

  • 3月14日,熱感あり。医療機関Aを受診。
  • 3月21日,熱感続くため,医療機関Aを再受診。レントゲン検査にて,肺炎の所見あり。
  • 3月27日,咳出現,医療機関Bを受診。CT検査の結果,肺炎の広がりあり。保健所に連絡のうえ,帰国者・接触者外来を受診。PCR検査実施。
  • 3月28日,陽性であることが判明。感染症指定医療機関へ入院。

患者行動歴

  • 発症後,自宅と勤務先を往復。

濃厚接触者

  • 同居の家族(妻,子)あり。
  • 勤務先の職員について,調査中。
  • その他の濃厚接触者については,現在調査中。

事例12

概要

  • 年齢・性別等:60歳代男性(福岡市南区在住)
  • 症状等:倦怠感,肺炎
  • 職業:会社員
  • 最近の海外渡航歴なし

患者確認までの経緯

  • 3月23日,発熱38℃台,軽度の咳。
  • 3月25日,発熱が続くため,医療機関Aを受診。
  • 3月27日,発熱37℃台が続くため,医療機関Bを受診。CT検査の結果,肺炎の所見があり。PCR検査実施。
  • 3月28日,陽性であることが判明。感染症指定医療機関へ入院。
  • (医療機関A,B受診時は,マスクを着用。)

患者行動歴

  • 発症後,病院受診以外は自宅で療養。

濃厚接触者

  • 同居の家族(妻,子)あり。
  • その他の濃厚接触者については,現在調査中。

事例11

概要

  • 年齢・性別等:30歳代男性(福岡市中央区在住)
  • 症状等:発熱,倦怠感
  • 職業:医師
  • 最近の海外渡航歴なし

患者確認までの経緯

  • 3月24日,悪寒
  • 3月25日,悪寒,発熱39℃。医療機関Aを受診。
  • 3月27日,発熱が継続するため,医療機関Aを再受診。保健所に連絡のうえ,医療機関Bを受診。PCR検査実施。
  • 3月28日,陽性であることが判明。感染症指定医療機関へ入院。

患者行動歴

  • 発症日(3月25日)は,車中泊。翌日以降,妻の弟宅で一人で過ごす。

濃厚接触者

  • 同居の家族(妻)を特定し,濃厚接触なしと判断。
  • その他,濃厚接触者なし。

事例10

概要

  • 年齢・性別等:30歳代男性(福岡市博多区在住)
  • 症状等:肺炎
  • 職業:自営業
  • その他:調査中

患者確認までの経緯

  • 3月21日,頭痛,倦怠感あり。
  • 3月23日,発熱38℃台。
  • 3月24日,医療機関Aを受診。自宅療養を指示される。
  • 3月25日,医療機関Bを受診。CT検査の結果,肺炎の所見あり。
  • 3月27日,症状改善がないため,医療機関Bを再受診。PCR検査実施。
  • 3月28日,検査の結果,陽性であることが判明。感染症指定医療機関へ入院。

患者行動歴

  • 発症後,24日までは事務所や現場で打合せ及び作業(マスク着用)。
  • 25日以降は,通院以外の外出なし。

濃厚接触者

  • 同居の家族は特定し,調査中。
  • その他の濃厚接触者については,現在調査中。


3月27日

事例9

概要

  • 年齢・性別等:20歳代男性(福岡市城南区在住)
  • 症状等:軽度の咳
  • 職業:会社員
  • 最近の海外渡航歴なし

患者確認までの経緯

  • 3月13日,軽度の咳・倦怠感あり。
  • 3月18日,発熱38℃台,咳・倦怠感等あり。
  • 3月24日,解熱。
  • 3月27日,6例目の濃厚接触者として,帰国者・接触者外来を受診。PCR検査実施。陽性であることが判明。感染症指定医療機関へ入院。

患者行動歴

  • 発症後は,症状が軽快した3月17日,24日,26日に出勤。
  • その他,調査中。

濃厚接触者

  • 家族3名(両親,弟(6例目))。両親はPCR検査結果,陰性。
  • その他の濃厚接触者については,勤務先の同僚(5名)及び医療機関の関係者(3名)を特定。PCR検査の結果,すべて陰性判明。

事例8

概要

  • 年齢・性別等:40歳代男性(福岡市南区在住)
  • 症状等:発熱,咳
  • 職業:会社員
  • 最近の海外渡航歴なし

患者確認までの経緯

  • 3月20日,発熱37℃台。医療機関Aを受診。
  • 3月23日,発熱38℃台。医療機関Bを受診。
  • 3月25日,発熱が続くため,医療機関Bを再受診。
  • 3月26日,発熱が続くため,医療機関Bを再々受診。
  • 3月26日夜,発熱38℃台が続くため,医療機関Aを再受診。CT検査の結果,肺炎の所見があり。
  • 3月27日,保健所に連絡のうえPCR検査実施。陽性であることが判明。感染症指定医療機関へ入院。
  • (医療機関A,B受診時は,本人はマスクを着用。)

患者行動歴

  • 発症後は,通院以外自宅で療養。

濃厚接触者

  • 同居の家族(妻)は,PCR検査の結果、陰性判明。
  • 医療機関Aについては,医師1名及び待合室で接触のあった2名を特定。PCR検査の結果,すべて陰性判明。
  • 医療機関Bについては,感染対策は実施されていたため濃厚接触者なし。
  • その他の濃厚接触者はなし。

事例7

概要

  • 年齢・性別等:20歳代男性(福岡市博多区在住)
  • 症状等:咳
  • 職業:会社員
  • 最近の海外渡航歴あり

患者確認までの経緯

  • 語学研修のため,2019年12月30日より米国滞在。滞在先では,外国籍1名と同室。(帰国1週間前から,同室の方に咳症状あり。)
  • 3月20日,帰国(羽田~福岡~タクシー)。帰国後は,会社命令で自宅待機。
  • 3月21日,発熱39℃,倦怠感あり。
  • 3月24日,発熱39℃,倦怠感が再発。
  • 3月26日,発熱39℃が継続したため,本人が保健所へ連絡。帰国者・接触者外来を受診(マスク着用)。PCR検査実施。(自宅療養を指示され,帰宅)
  • 3月27日,検査の結果,陽性であることが判明。感染症指定医療機関へ入院。

患者行動歴

  • 3月23日の買い物以外は外出なし。

濃厚接触者

  • 同居家族なし。
  • その他の濃厚接触者なし。


3月26日

事例6

概要

  • 年齢・性別等:20歳代男性(福岡市城南区在住)
  • 症状等:発熱,倦怠感,肺炎 等
  • 職業:無職
  • 最近の海外渡航歴なし

患者確認までの経緯

  • 3月21日,発熱39℃台。かかりつけの医療機関Aにてレントゲン検査を実施し,異常なし。
  • 3月23日,解熱。
  • 3月24日,再度発熱38℃台。
  • 3月26日,医療機関Aより保健所へ連絡,受診調整。
  • 3月26日,帰国者・接触者外来を受診。CT検査の結果肺炎の所見があり,PCR検査実施。陽性であることが判明。感染症指定医療機関へ入院。

患者行動歴

  • 基礎疾患のため、かかりつけ医に定期的に通院し,自宅療養中。 ※発症後は自家用車の車で通院
  • 自宅と医療機関A以外の訪問先なし。

濃厚接触者

  • 家族3名(両親,兄)について,3月27日PCR検査し,両親は陰性,兄は陽性(9例目)。
  • 医療機関Aについては,感染対策が実施されていたため,厳密には濃厚接触者にはあたらないが,高リスク者に対応する医療機関であることを踏まえ,念のためスタッフ23名及び患者3名のPCR検査を実施。すべて陰性判明。
  • 調査の結果、その他の濃厚接触者なし。

事例5

概要

  • 年齢・性別:50歳代男性(福岡市東区在住)
  • 症状等:発熱,倦怠感,肺炎 等
  • 職業:会社員
  • 最近の海外渡航歴なし

患者確認までの経緯

  • 3月18日,発熱38℃台,倦怠感あり。
  • 3月23日,発熱・倦怠感が継続したため医療機関A受診。自宅療養を指示される。
  • 3月25日,発熱・倦怠感が継続したため医療機関A再受診。医療機関Aより保健所へ連絡し,受診調整。帰国者・接触者外来を受診。CT検査の結果肺炎の所見があり,PCR検査実施。
  • 3月26日,PCR検査の結果,陽性であることが判明。感染症指定医療機関へ入院。

患者行動歴

  • 発症後,出勤(3月18日,19日,23日,24日)。
  • 患者は常時マスク着用。※移動は自家用車を利用(公共交通の利用なし)。
  • 発症前については,県外への旅行等はなし。

濃厚接触者

  • 家族2名(妻,子)について,3月27日PCR検査実施し,ともに陰性。
  • 医療機関Aについては,感染対策が実施されていたため,濃厚接触者なし。
  • 調査の結果、その他の濃厚接触者なし。


3月24日

事例4

概要

  • 年齢・性別等:40歳代男性(福岡市早良区在住)
  • 症状等:発熱,肺炎
  • 職業:会社員
  • 最近の海外渡航歴なし

患者確認までの経緯

  • 3月15日,発熱38度台あり。福岡市内の医療機関Aを受診。
  • 3月18日,発熱が続くため,医療機関Aを再受診。療養を指示される。
  • 3月23日,発熱が続くため,医療機関Aを再々受診。レントゲン上,肺炎像あり,保健所に連絡。
  • 3月24日,PCR検査の結果,陽性であることが判明。感染症指定医療機関へ入院。
  • (本人は医療機関Aの受診時は,マスクを着用。)

患者行動歴

(発症前)

  • 3月5日~7日,東京出張。
  • 3月14日,家族と過ごす。
  • 上記以外は外出なし

(発症後)

  • 発症後は医療機関Aの受診以外に外出なし。

濃厚接触者

  • 家族3名(妻,子2名)及び病院受診時の運転者(1名)について,PCR検査予定。
  • 医療機関Aについては,感染対策が実施されていたため濃厚接触者なし。


3月17日

事例3

概要

  • 年齢・性別等:30歳代女性(福岡市南区在住)
  • 症状等:発熱,咳 等
  • 職業:学生(九州大学)
  • 国籍:外国籍
  • 最近の海外渡航歴あり

症状・経過

  • 3月9日帰福後,発熱,咳症状出現。
  • 3月13日に福岡市内の医療機関Aを受診。
  • 3月16日に咳・発熱が持続するため,保健所をへて,帰国者・接触者外来を受診。PCR検査実施。
  • 3月17日,検査の結果,陽性であることが判明。感染症指定医療機関へ入院。

患者行動歴

  • 大学のフィンランドゼミ実習のため,2月19日出国。
  • 2月20日から3月2日までロシアに滞在。
  • 3月3日から3月9日までフィンランドでゼミ実習。
  • 3月9日に成田空港~リムジンバス~羽田空港~福岡空港~同行者の車に同乗して帰宅。
  • 3月12日~13日,友人Aが自宅に宿泊。
  • 3月14日,自宅~博多駅~新幹線~小倉駅~友人Bと飲食。その後,小倉駅~新幹線~博多駅~自宅。
  • (上記以外は自宅で過ごす)

濃厚接触者等

  • 同居の家族なし。
  • 実習の同行者5名は,PCR検査で陰性と判明。
  • 友人A,Bは,PCR検査で陰性と判明。(健康観察中)。
  • 医療機関Aの従事者5名については,感染対策は実施されていたが,念のための検査の結果,陰性。


2月20日

事例2(事例1の妻)

概要

  • 年齢・性別等:60歳代女性(福岡市中央区在住)
  • 症状等:発熱,肺炎等
  • 職業:パートタイマー
  • 最近の海外渡航歴なし

症状・経過

  • 2月17日 悪寒があり。医療機関Aを受診。熱なし。咳なし。ウイルス性の風邪と診断。自宅療養。
  • 2月18日 発熱(37℃台),自宅療養。
  • 2月19日 勤務先にマスク着用で勤務。タクシーを利用。
  • 2月20日 新型コロナウイルス感染症の夫の濃厚接触者として、感染症指定医療機関を受診し,CT検査の結果肺炎の診断。PCR検査の結果、陽性であることが判明し,入院。

患者行動歴

  • 中国を含め,最近の海外渡航歴なし。
  • 発症後の行動 2月19日 勤務先にマスク着用で勤務。マスク着用でタクシーを利用。

濃厚接触者

  • 同居の家族2名(夫(事例1),子)のみ。

事例1

概要

  • 年齢・性別等:60歳代男性(福岡市中央区在住)
  • 症状等:発熱,肺炎等
  • 職業:無職
  • 最近の海外渡航歴なし

症状・経過

  • 2月13日より発熱(37.5℃)。咳なし。福岡市内の医療機関Aを受診。自宅療養を指示される。
  • 2月19日発熱が続くため医療機関Aを再受診。レントゲン上,肺野に陰影を認めたため,医療機関Aより保健所をへて感染症指定医療機関Bへ受診・入院。
  • 2月20日未明,PCR検査の結果,陽性であることが判明。

患者行動歴

  • 中国を含め,最近の海外渡航歴なし。
  • 発症前2週間前までについては,公共交通機関を使用せず,自転車で移動。
  • 発症後は自宅療養しており,一歩も外に出ておらず,家族以外の濃厚接触者なし。

濃厚接触者

  • 同居の家族2名(妻,子)のみ。
  • 2月20日,PCR検査で妻(事例2)が陽性,子は陰性と判明(3月5日,健康観察終了)。