本文へジャンプ
みんなの!国保・医療・年金
福岡市ホームページへ
文字サイズ大中小
EnglishChineseKorean
サイト内検索
  • 国民健康保険制度
  • よかドック(特定健診)
  • 後期高齢者医療制度
  • 医療費助成制度
  • 国民年金制度
現在位置:福岡市ホームの中の健康・医療・福祉の中の健康・医療・年金の中のみんなの!国保・医療・年金の中の国民健康保険制度から国民健康保険の被保険者が入院した時の費用負担について知りたい。
ここから本文

国民健康保険の被保険者が入院した時の費用負担について知りたい。

国民健康保険の被保険者が入院した時は,医療費と別途,食事代(入院時食事療養費)または食費・居住費(入院時生活療養費)がかかります。
(その他保険適用にならない差額ベッド料,諸雑費等も個々の状況に応じてかかります)


(1)医療費

医療費については,受診された方が自己負担割合分を窓口で負担し,残りを国保が負担します。


(2)入院時食事療養費・入院時生活療養費

ア  一般病床の場合(入院時食事療養費)

入院したときの食事代は,次の標準負担額を自己負担し,残りを国保が負担します。


【入院時の食事代の標準負担額】

入院時の食事代の標準負担額
所得区分 入院日数 一食あたり
現役並み所得者・上位所得者・一般一律360円※1
市民税非課税世帯・
低所得者2
90日までの入院210円
市民税非課税世帯・
低所得者2
90日を超える入院
(過去12ケ月の入院日数)※2
160円
低所得者1一律100円

  • ・低所得者2:国保の世帯全員が市民税非課税の場合
  • ・低所得者1:国保の世帯全員が市民税非課税の場合で,税の所得額が0円の場合 (年金の所得は控除額を80万円として計算します)

※1 指定難病患者・小児慢性特定疾病患者・平成28年4月1日において既に1年を超えて精神病床に入院している患者については、 260円となります。

※2 過去12ケ月に標準負担額の減額認定の適用を受けて入院した期間が90日を超える場合,申請後,長期認定を受けた日から適用されます。

※市民税非課税世帯と低所得者1・2の方は,「限度額適用・標準負担額減額認定証」か「標準負担額減額認定証」が必要です。
区役所(出張所)保険年金担当課で申請してください。
  
※入院時食事療養費は高額療養費の対象とはなりません。


イ 療養病床の場合(入院時生活療養費)

65歳以上の人が療養病床に入院したときは,食費と居住費としてそれぞれ次の標準負担額を自己負担し,残りを国保が負担します。
療養病床とは,急性期の治療を終え,長期の療養を必要とする人のための医療機関の病床です。


【療養病床入院時の食事・居住費の標準負担額】


療養病床入院時の食事・居住費の標準負担額
所得区分 食費(一食あたり) 居住費
(一日あたり)
現役並み所得者・
上位所得者・一般
460円
(一部医療機関では420円)
320円
市民税非課税世帯・
低所得者2
210円320円
低所得者1130円320円

  • ・低所得者2:国保の世帯全員が市民税非課税の場合
  • ・低所得者1:国保の世帯全員が市民税非課税の場合で,税の所得額が0円の場合 (年金の所得は控除額を80万円として計算します)

※過去12ケ月に標準負担額の減額認定の適用を受けて入院した期間が90日を超える場合,申請後,長期認定を受けた日から適用されます。

※市民税非課税世帯と低所得者1・2の方は,「限度額適用・標準負担額減額認定証」か「標準負担額減額認定証」が必要です。
区役所(出張所)保険年金担当課で申請してください。

※入院医療の必要性の高い患者については,上記アの「入院時の食事代の標準負担額」と同額の食事材料費相当が自己負担となります。

※入院時生活療養費は高額療養費の対象とはなりません。


Copyright(C) Fukuoka City Hoken Nenkin. All rights reserved.