現在位置:福岡市ホームの中の健康・医療・福祉の中の健康・医療・年金の中の医療・医療費助成から【医療費助成】令和3年7月から子ども医療費助成制度が変わります!
更新日: 2021年2月17日

令和3年7月から子ども医療費助成制度が変わります!

子ども医療費助成制度は、令和3年7月1日受診分から、通院の助成対象を、「小学校6年生まで」から「中学校3年生まで」に拡大し、3歳から中学生までの自己負担上限額を、1医療機関につき、1か月あたり一律500円とします。

すでに子ども医療証をお持ちで、0歳から中学校3年生までの対象となるお子さんには、令和3年6月中に新しいさくら色の子ども医療証を郵送します。
令和3年7月1日以降は新しいさくら色の子ども医療証をご使用ください。


健康保険の診療対象となる医療費の自己負担相当額のうち、下表の費用を除いた額を助成します。

  令和3年6月30日まで 令和3年7月1日から
医療証の色クリーム色さくら色
通院3歳未満 自己負担なし3歳未満 自己負担なし
3歳以上就学前 1か月600円まで
(1医療機関あたり)
3歳以上就学前 1か月500円まで
(1医療機関あたり)
小学生 1か月1,200円まで
(1医療機関あたり)
小学生
中学生 助成なし中学生
入院中学校3年生まで自己負担なし中学校3年生まで自己負担なし
薬局での
自己負担
小学校6年生まで自己負担なし中学校3年生まで自己負担なし

※「3歳以上」・・・3歳の誕生日の翌月1日から(1日生まれの人は誕生日から)
※「中学校3年生まで」・・・15歳の誕生日前日以後最初の3月31日まで。
※ 養育医療などの公費負担が適用される場合は、その制度を優先したうえで、なお残る自己負担相当額から上記の費用を除いた額を助成します。
※ 入院中の食事代や、個室代、健康診断、歯科の特殊な材料などの健康保険がきかない費用は、助成の対象となりません。



※3歳以上で一定の障がいのあるお子さんは、重度障がい者医療を優先して適用します(申請が必要です)。

※ひとり親家庭等で小・中学生のお子さんは、ひとり親家庭等医療を優先して適用しますが、自己負担上限額は、1医療機関につき、1か月あたり一律500円となります。
 すでに、ひとり親家庭等医療証をお持ちの小・中学生のお子さんには、令和3年6月中に新しいひとり親家庭等医療証を郵送します。