現在位置:福岡市ホームの中の健康・医療・福祉の中の高齢・介護の中の認知症から福岡市認知症キャラバン・メイト
更新日: 2021年7月14日

福岡市認知症キャラバン・メイト


概要


 認知症は高齢者だけがかかるものではなく、誰にでも起こりうる脳の病気が引き起こすものです。
「認知症になったら何も分からなくなる」「認知症になったら人生おしまい」というイメージを持っている方が多くいます。
実際は、認知症になってもいきなり全てのことが出来なくなるわけではありません。診断後何年経っても、周囲の人々の理解と気遣いがあれば地域で穏やかに暮らしていくこともできます。そのためには、地域の支え合いが不可欠です。
誰もが認知症についての知識を持ち、認知症の人や家族を支える手立てを知っていれば「今までどおりの暮らし」をみんなで守ることが出来るはずです。
 福岡市では市民や企業に向けて、認知症に対する正しい知識と具体的な対応方法を広めるため「認知症サポーター養成講座」をおこなっています。
 認知症サポーター養成講座の講師役が「キャラバン・メイト」です。


内容


認知症キャラバン・メイトとは…


 地域や学校、企業などで認知症に対する正しい知識と具体的な対応方法などを市民に伝える「認知症サポーター養成講座」の講師役です。
 また、認知症になっても安心して暮らせるまちづくりに向けて、関係機関・組織・団体等へのはたらきかけ、協力・連携体制づくり、ネットワーク化を推進していくことも期待されています。



認知症キャラバン・メイトになるためには…


都道府県や市町村などが実施する「認知症キャラバン・メイト養成研修」を受講する必要があります。
研修修了者は、福岡市及び全国キャラバン・メイト連絡協議会のキャラバン・メイト名簿に登録され、福岡市キャラバン・メイト交流会や各区キャラバン・メイト連絡会にて情報交換や今後の活動について学び合っていきます。


研修情報


【キャラバン・メイト養成研修】
令和3年度 福岡市主催の実施はありません

【福岡県キャラバン・メイト養成研修のご案内】
福岡県介護実習・普及センター キャラバン・メイト養成研修
 ○詳しくは福岡県社会福祉協議会のホームページをご確認ください

福岡県地域介護・普及センター キャラバン・メイト養成研修
 ○詳しくは福岡県キャラバン・メイト養成研修の受講生募集 (778kbyte)pdfをご確認ください

アンケートのお願い

 2019年度より地域で暮らす認知症の人や家族の困りごとの支援ニーズと認知症サポーターを結びつけるための「チームオレンジ」の取り組みを開始しています。近隣の認知症サポーターがチームを組み、認知症の人や家族に対する生活面の早期からの支援等を行うもので,当事者の方がチームに参加することが望ましいとされています。
 ※チームオレンジとは 「厚労省ホームページ」
 そこで、福岡市でもチームオレンジとしての活動を広めていくために、キャラバン・メイトの皆様にアンケートをお願いしたいと思います。今回のアンケートは「これから、チームオレンジとして登録できる可能性のある地域」を把握するためのものです。
 ご自分の活動している地域で、多職種で連携ができているカフェのある地域、認知症の人とご近所とのつながりが強い地域などどんな小さな情報でもよいので、認知症の人のために地域で行っている取り組みについて情報提供をいただければと思います。
よろしくお願いします。

 〇アンケート チームオレンジについて (508kbyte)doc



認知症サポーター養成講座を計画・実施したい方は・・・


対象によって,受付窓口が異なります


1 地域住民・学校の児童・生徒など


  • ・東区保健福祉センター地域保健福祉課   電話番号 092-645-1087
  • ・博多区保健福祉センター地域保健福祉課  電話番号 092-419-1099
  • ・中央区保健福祉センター地域保健福祉課  電話番号 092-718-1110
  • ・南区保健福祉センター地域保健福祉課    電話番号 092-559-5132
  • ・城南区保健福祉センター地域保健福祉課  電話番号 092-833-4112
  • ・早良区保健福祉センター地域保健福祉課  電話番号 092-833-4362
  • ・西区保健福祉センター地域保健福祉課    電話番号 092-895-7078


2 企業・職場など


  • 福岡市保健福祉局高齢社会部認知症支援課
  • 住所:〒810-8620 福岡市中央区天神1-8-1
  • 電話番号:092-711-4891
  • FAX番号:092-733-5587

認知症サポーター養成講座について


福岡市認知症キャラバン・メイトの方