現在位置:福岡市ホームの中の健康・医療・福祉の中の健康・医療・年金の中の健康の中の感染症予防に関することの中の新型コロナウイルス感染症に関する情報(トップ)の中のワクチン接種から新型コロナウイルスワクチン 接種券発行について
更新日: 2024年2月1日

新型コロナウイルスワクチン 接種券発行について


新型コロナウイルスワクチンの接種券の再発行や発行申請に関するページです。
※申請受付から発行まで7営業日程度かかります。


福岡市ワクチン接種のトップページはこちら



現在、福岡市における接種券の発送状況は下表のとおりです。
※9月20日から3月末までの秋開始接種(3回目以降の接種、乳幼児は4回目以降の接種)として、オミクロン株XBB.1.5対応1価ワクチンを接種できるのは、1人1回です。すでに接種済みの方には、新たな接種券は送付されません。


発送状況の一覧表
接種券の種類 送付状況
1・2回目用接種券生後6か月以上のすべての方に送付しています。
12歳以上の3~7回目用接種券前回接種から3か月経過した方に、接種可能な時期に合わせて順次送付しています。
発送スケジュールはこちらから
5歳~11歳の3~6回目用接種券前回接種から3か月経過した方に、接種可能な時期に合わせて順次送付しています。
乳幼児の3回目接種券1回目接種後、市で接種記録を確認した後に、3回目接種券を送付します。
乳幼児の4回目接種券前回接種から3か月経過した方に、接種可能な時期に合わせて順次送付しています。

  • ※生後6か月になる方の1・2回目接種券については年齢到達の約半月前に発送しています(詳しくは乳幼児のページ)。
  • ※新5歳、新12歳になる方は、以前届いた接種券を使用して接種してください。




■接種券再発行・発行申請メニュー



※市内で転居した場合は、前住所が記載された接種券をそのまま利用できます。接種時には、転居前の住所が確認できる本人確認書類を持参してください。




   

インターネットによる発行申請(電子申請)

接種券発行申請サイトから申請を行ってください。本人確認書類と、お持ちの場合は接種済証等を事前に撮影しておくことで、スムーズにご申請いただけます。
なお、住民票住所地以外への送付を希望する方や、住民票・戸籍に登録のない等の事情がある方は、郵送で申請してください(インターネット、電話での申請はできません)。





郵送による発行申請

接種券・証明書発行事務センターに、申請書と必要書類を送付してください。

申請書様式

※ダウンロードが難しい方は接種券・証明書発行事務センター(092-753-9455 8時30分~17時30分)にお電話ください。

必要書類

  • 本人確認書類(運転免許証や健康保険証など)の写し
  • 【3回目接種券以降の場合】 接種済証または接種記録書の写し(お持ちであれば必ず添付してください)
  • 【接種券送付先が住民票所在地でない場合】 送付先住所と本人氏名が確認できる書類(例:公共料金の領収証等)
  • 【被接種者以外が申請する場合】 申請者の本人確認書類


送付先
〒810-8620(住所不要)
福岡市新型コロナウイルスワクチン接種 接種券担当 行 




電話で申請

以下の場合は電話で申請できます。

  • 接種券を紛失、破損された場合などの再発行
  • 転入された方の1・2回目接種券の新規発行
  • 転入された乳幼児の方の1~3回目の接種券発行

※上記以外の場合の接種券発行には、お持ちの接種済証などによる接種記録の確認が必要となるため、インターネットまたは郵送での申請をお願いいたします。

接種券・証明書発行事務センター
電話番号:092-753-9455
受付時間:8時30分~17時30分(土曜日、日曜日、祝日も実施)
※目が不自由な方には、接種券の封筒及び接種券に点字シールを貼り付けた上でお送りすることも可能ですので、申請時にご相談ください。
※コールセンターへご連絡の際に、お掛け間違いが発生しています。電話番号をよくお確かめのうえ、お掛け間違いのないようお願いします。




海外や治験で接種した方、転入した方など

海外や治験で接種された方

直近の接種を海外や治験で接種した場合、接種券の発行申請が必要です。インターネット・郵送のいずれかにて発行申請を行ってください。

  • ※申請の際、海外で接種されたことが分かる証明書や治験証明書をお持ちの方は、添付をお願いします。証明書等をお持ちでない場合は、申告に基づき、接種券を発行します。
  • ※次回以降の接種券は自動で発送します。


直近の接種を海外や治験で接種した場合の例
  1回目 2回目 3回目 4回目
パターン① 海外海外国内
※接種券発行申請済み
接種券の発行申請は不要です
パターン② 国内国内海外接種券の発行申請が必要です

※国内での接種とは、予防接種法に基づく接種(市町村から発行される接種券を用いた接種)のことを指します。




福岡市に転入された方

未接種または1回目接種後に福岡市に転入された方

福岡市が発行する1・2回目用の接種券が必要です。
インターネットまたは郵送、電話のいずれかにて1・2回目接種券の発行申請を行ってください。



2回目接種以降を完了し福岡市に転入された方

5歳以上の方の3回目以降の接種券

市で接種記録を確認し、必要な回数の接種券をお送りします。【申請不要
なお、転入前の自治体での接種記録を確認するため、転入してから発送までに3週間程度かかります。早期に接種を希望する場合は、インターネットまたは郵送で、接種券発行申請を行ってください。
※オミクロン株XBB.1.5対応ワクチンの接種は一人1回です。例えば3回目接種としてオミクロン株XBB.1.5対応ワクチンを接種した場合は、4回目接種はありません。



生後6か月から4歳の方(乳幼児)の3回目接種券

乳幼児の3回目接種は、2回目完了から8週間後と、他の年齢より間隔が短く、転入前の自治体への記録確認が難しいため、3回目接種券の発行申請が必要です。【申請必要
電話・インターネット・郵送にて申請をお願いします。



生後6か月から4歳の方(乳幼児)の4回目接種券

市で接種記録を確認し、必要な回数の接種券をお送りします。【申請不要
なお、転入前の自治体での接種記録を確認するため、転入してから発送までに3週間程度かかります。早期に接種を希望する場合は、インターネットまたは郵送で、接種券発行申請を行ってください。





3回目以降の接種券が届かない場合について

前回の接種から3か月を迎える頃に接種券が発行されないときは、次のような原因が考えられます。

  • ① 接種券なしで接種を受けた。
  •   接種後、接種券を提出していない(職域接種や福岡県の大規模接種会場での接種の場合)。
  • ② 接種時に住民票と異なる自治体(転居前の自治体など)の接種券を使用した。
  • ③ 接種時の予診票に住民票と異なる住所を記入した。
  • ④ 直近の接種を海外・治験で接種した。
  • ⑤ その他何らかの理由で、システムに登録されていない。
  •  (例)・職域接種において、タブレットにより記録を読み取る際にエラーが生じている。
  •     ・予診票に誤った接種日が記入されている。




お問い合わせ

接種券・証明書発行事務センター

接種券の発行・接種記録の確認・接種証明(ワクチンパスポートなど)についてのお問い合わせ
電話番号:092-753-9455
受付時間:8時30分~17時30分(土曜日、日曜日、祝日も実施)
※おかけ間違いが多発しています。電話番号をよくお確かめください。



福岡市新型コロナワクチン接種コールセンター

福岡市の新型コロナワクチン接種に関する問い合わせや相談
電話番号:092-260-8405
受付時間:8時30分~17時30分(土曜日、日曜日、祝日も実施)
※英語、中国語、韓国語、ベトナム語、ネパール語、スペイン語、ポルトガル語での通話も可能です。
FAX番号:092-260-8406
※耳が不自由な方など、電話相談が難しい方のお問い合わせ専用番号です。