現在位置:福岡市ホームの中の東区の中のくらしの情報の中の子ども・子育てから千早校区 「食育を考える」 青育連(令和2年2月)
更新日: 2020年3月25日

研修講師派遣事業 活動事例

千早校区 青少年育成連合会 研修会「食育を考える」

1.参加団体と人数

自治協議会(2名)・青少年育成連合会(3名)・子ども会育成連合会(10名)・小中学校PTA(4名)・その他(13名) 合計 32名


2.研修会の目的

  • ・食育を考える~日本食文化を知ろう~のテーマで講演してもらう。
  • ・発酵食品の代表である味噌の作り方を通して和食の良さを参加者に見直してもらう。

3.研修会の内容

  1. 実施日 : 令和2年2月15日 土曜日
  2. 会場  : 千早公民館
  3. 講演会
    • 講師 : 桑原 ナミ さん(野菜ソムリエプロ,フリーアナウンサー)
    • 内容 : 日本の食文化のすばらしさ,各地方によって味の違いがあることや歴史を学んだ。また,オリジナルの味噌作りをして発酵食品や麹の役割などを知ることで日本食の良さを見直し,食育を考える機会となった。

桑原ナミ先生の講演の様子
日本食に使う大豆や大豆の加工食品の種類や栄養価の高さを学びました。


日本食と発酵食品の魅力について講義を受けている様子
日本食の魅力を解りやすく知ることができる良いお話でした。


味噌作りの様子
味噌の材料は茹でた大豆と塩と麹だけ。みんなで粒が無くなるまで捏ねました。


味噌の仕込み完成後の様子
できた味噌は専用のビニールバッグで約3か月熟成してでき上がります。


味噌玉作りの様子
最後に市販の味噌で味噌玉とミソニャカウダーを作って試食しました。


主催者より研修会終了の挨拶の様子
主催者の終了のあいさつの後,参加者は作った味噌を大切そうに持って帰っていました。


4.活動を終えて(感想等)

  • 桑原先生の講義や指導はとてもわかりやすく,子どもから高齢者まで楽しそうに受講でき,有意義な時間でした。
  • 参加者にも好評で他の講義も受けてみたいとの声をいただきました。皆さん,大喜びでした。




問い合わせ先

部署:東区 総務部 地域支援課
住所:福岡市東区箱崎2丁目54の1
電話番号:092-645-1121
FAX番号:092-645-1042
E-mail:t-shien.HIWO@city.fukuoka.lg.jp