現在位置:福岡市ホームの中の東区からこんにちは区長です平成29年11月4日
更新日: 2017年12月26日

こんにちは区長です

 区長が東区で活動する団体の活動に参加し懇談することで、区政への積極的参加及び理解や協力を得るとともに、地域活動の実情を把握し区政への参考としています。



「名島こどもひろば」を見学しました。

 11月4日に、名島こどもひろばの活動の一つである帆柱石(※)周辺清掃に参加した後、「地域で子どもを育む取り組み」をテーマに意見交換をしました。
 名島こどもひろばは、名島公民館主催で、毎週土曜日に同公民館で開催。地域のボランティア、男女共同参画協議会、子ども会育成連合会なども協力しています。工作や料理、帆柱石周辺清掃などを行い、地域で子どもを見守り育てる取り組みを行っています。
※樹木の化石で国の天然記念物。神功皇后(じんぐうこうごう)が三韓出兵の際に使用した船の帆柱が化石になったものという言い伝えがある。


〇帆柱石周辺清掃に参加

 毎月第1土曜日に帆柱石周辺清掃は行われています。松崎中学校の生徒と名島海岸や名島城址公園などを清掃し、袋いっぱいにごみや枯草を集めました。清掃後は名島公民館で子どもたちがボールやお手玉などで自由に遊ぶ様子を見学。最後に中学生と一緒に、地域ボランティアの皆さんが作ったカレーを食べました。おかわりをしている中学生の姿も見られました。


中学生が海岸のごみを拾う様子

海岸のごみを拾う中学生


名島城址公園で枯草を集める様子

名島城址公園で枯草集め


清掃後の集合写真

清掃後の1枚


遊んでいる子どもたちの様子を見学

元気に遊ぶ子どもたちの様子を見学


手作りカレーを配膳する様子

手作りカレー配膳中


食後に談笑する様子

食後に談笑



〇名島こどもひろばの説明

 名島公民館の渡邉館長から説明を受けました。名島こどもひろばは、平成14年完全学校週5日制の開始で、休みになった土曜日を公民館で過ごしてもらおうと、「名島はひとつの家族・みんなで子どもを育む校区」を合言葉に前任の館長が立ち上げました。帆柱石周辺清掃も同時期から始め、松崎中学校の生徒会も一緒に行うことになりました。清掃の他、毎週土曜日午前10時から午後3時まで、公民館では学習という形で昔の遊びやおにぎり・味噌汁作りなどをしています。毎週30人ほどの小学生が集まっています。



〇意見交換

名島こどもひろばについて

  • 子どもが好きでスタッフとして参加している。毎朝小学生の登校の見守りもしているが、子どもたちが元気にあいさつを返してくれて、活動が生きがいになっている。
  • スタッフや料理を作ってくれるボランティアの皆さんのおかげで事業が成り立っている。
  • 名島こどもひろばを卒業した中学生や高校生が手伝いに来てくれていて助かっている。
  • スタッフが多ければ負担も少ないので、余裕のある人数で楽しみながら活動してもらうために、新しい人に参加してもらうことが課題。

名島校区について

  • 名島校区は、1小学校1中学校のため子どもたちは9年間一緒で顔なじみとなっている。公民館のバックアップ体制もあり、地域の人と子どもたちの連帯感が強い。
  • 名島の夏祭りは、企画から中学生が参加している。中学生が運営から参加できることは良い経験となり素晴らしいことだと思う。

【中学生の意見】

  • 小・中学生の安全な登下校や地域・学校で開催する行事などは、地域の皆さんの支えがあるからこそできていると思う。帆柱石周辺清掃は昨年から毎月参加しているが、ごみはなくならないので、部活動をしている生徒などにも参加してもらって、海岸がきれいになればと思う。これからも続けていきたい。

などの意見がありました。


〇区長のコメント

 名島校区は、子どもたちを地域で育てるという意識が強い校区だと思いました。十数年に渡ってこどもひろばが続いており、こどもひろばを卒業した子どもたちが手伝っている話を聞いて、学校と地域が強く連携されていると感じました。また、中学生が自発的に配膳の手伝いや食事の前や後にあいさつをする姿を見て感心しました。区役所も子育て支援に関するいろんな事業を行っていますが、今後も地域の皆さんや子どもたちの意見なども聞かせていただきながら、取り組みを進めていきます。


最後に記念撮影

全員で記念撮影



情報掲載元

部署: 東区 総務部 企画振興課
住所: 福岡市東区箱崎2丁目54の1
電話番号: 092-645-1012
FAX番号: 092-651-5097
E-mail: kikaku.HIWO@city.fukuoka.lg.jp