本文へジャンプ
Fukuoka City
Change Font Size
SmallStandardLarge
Text to speech
LastUpDate: March 14, 2019
ここから本文

Hakata Culture vol.145


Fukuoka Tower Turns 30

On Feb. 1, Fukuoka Tower reopened after a major renovation. The observation deck, which affords a 360-degree panorama of the city, mountains and ocean now features virtual reality (VR) and augmented reality (AR) attractions. Looking through the VR binoculars makes you feel like you are floating in the sky, while the “Happening Window” uses AR to overlay video on the actual landscape for a fun and futuristic experience. 


The new attractions were designed to appeal to a wide range of visitors of all ages. The light blue elevator hall is designed to remind you of the ocean so you feel like you are shooting into the sky from the sea as you ride the elevator up to the observation deck. There is also a giant toy figurine vending machine and pinball-style fortune telling game that children are sure to love. Meanwhile, couples can have their picture taken in front the Lover’s Sanctuary, a large heart-shaped object backed by a fantastic vista of the city.


Fukuoka Tower, which celebrates its 30th anniversary this year, opened in 1989 to coincide with the Asian-Pacific Exposition (a.k.a. “Yokatopia”). Yokatopia was a major event with participants from 37 countries and regions, mostly in the Asia-Pacific region, and during the expo, 8.23 million people visited Fukuoka, thereby helping the city to deepen its ties with the countries of the Asia-Pacific region.


Fukuoka Tower remains a popular tourist destination for foreign visitors, and the signs in the building are multilingual. The gift shop also sells a wide range of local souvenirs. Standing at 234 m, it is Japan’s tallest seaside tower, and it looks magnificent when lit up at night. It also functions as a TV and radio broadcasting tower. Here’s hoping this symbol of Fukuoka will continue attracting people from far and wide to the city.



hakata Culture also appears in

To FUKUOKA NOW Website

(c) www.fukuoka-now.com All Right Reserved







開業30周年を迎えてリニューアルした福岡タワー

今年2月1日に大規模改修を終えてリニューアルオープンした福岡タワー。福岡の海から山まで360度の大パノラマが楽しめる展望フロアには、仮想現実(VR)や拡張現実(AR)を利用した新しい仕掛けも登場しました。空中遊泳しているような気分が味わえるVR双眼鏡や、AR技術で実際の風景に映像を重ねるハプニングウインドウは、先端技術ならではの楽しみ方です。


家族連れからカップルまで、幅広い世代を意識した工夫もあちこちに見られます。エレベーターホールは海を意識したブルーの薄暗い空間で、ここから展望台へ昇っていくことで海から空へ向かうストーリーを感じさせます。子どもたちが喜びそうなフィギュアの入った巨大ガチャや、ピンボール型のおみくじなどもあります。カップルには福岡の景色をバックに写真撮影ができるハート形のオブジェが出迎えてくれます。


今年で開業30周年を迎える福岡タワーは、もともと1989年に開催されたアジア太平洋博覧会(通称:よかトピア)のランドマークとして建設されました。よかトピアは、アジア太平洋地域を中心にした海外37カ国・地域が参加した一大イベントで、期間中の入場者は823万人に上りました。この博覧会をきっかけに、福岡はアジア太平洋地域との交流をより一層深めていくことになります。


現在の福岡タワーは、アジアを中心とした訪日外国人の訪れる場所として、とても人気があります。館内の案内も各国語で表示され、福岡のお土産も充実しています。高さ234m、海浜タワーとして日本一の高さを誇る福岡タワーは、夜はイルミネーションが美しく、テレビやラジオの電波塔としても機能しています。これからも福岡の観光名所として多くの人を集めてくれるでしょう。