本文へジャンプ
Fukuoka City
Change Font Size
SmallStandardLarge
Text to speech
LastUpDate: October 6, 2016
ここから本文

Hakata Culture vol.116


Fukuoka to Host International Yacht Race


Image of Fukuoka to Host International Yacht Race

You may have stayed up late watching the Olympic and Paralympic Games in Rio this summer, but did you know another world famous sporting event is coming to closer shores this fall? On Nov. 18 - 20, Fukuoka will host the ninth qualifying event of the Louis Vuitton America’s Cup World Series, the challenger selection series for the America’s Cup - the world’s premier sailing yacht race.


The America’s Cup began in 1851, nearly 50 years before the modern Olympics, making it the oldest international sporting event in the world. The name of the competition comes from the schooner that won the very first race, named America, and, ever since, yacht clubs from around the globe have competed for the same sterling silver cup. The event has been described as the ‘Formula 1 on water’ due to the high speeds the yachts achieve. Competing yachts are built in their respective countries and each is packed with homegrown technology that is the culmination of years of boat-building expertise.


For the past two years, races have been held around the world to select the challengers who will compete in the Challenger Playoffs in Bermuda next June. The winner of the playoffs will earn the right to compete head-to-head against the defending champion. The Fukuoka event, the ninth and final event before the playoffs, will be held in the bay off of Jigyohama Beach in Chuo Ward. This marks the first time that an America’s Cup race will be held in Asia in the competition’s 165-year history.


Although it may not be very well known in Japan, yacht racing is highly popular in the West as a sport that demands both physical strength and tactical ability. Hakata Bay, with its calm waters, is perfect for yachting, and there are several teams in the area based primarily out of the Odo Yacht Harbor. Some of these teams have even produced Olympic sailors! Meanwhile, this year, SoftBank Team Japan is representing Japan in its first challenge for the America’s Cup in 15 years.



Hakata Culture also appears in

To FUKUOKA NOW Website

(c)  www.fukuoka-now.com All Right Reserved







世界最高峰のヨットレースが福岡で開催

 今年はリオでオリンピック、パラリンピックが開催され、その中継を観るために寝不足になった人も多いのではないでしょうか。この秋、福岡でも世界的に著名なスポーツ大会が開催されます。国際ヨットレース「アメリカズカップ」の予選大会である「ルイ・ヴィトン・アメリカズカップ・ワールドシリーズ」第9戦です。

 「アメリカズカップ」は1851年に始まったヨットレースで、近代オリンピックより半世紀近く古い歴史を誇ります。世界最高峰のヨットレースで、別名「海のF1」とも呼ばれています。大会の名称は最初のレースで優勝杯を持ち帰った「アメリカ号」にちなんだもので、以来、世界各国のヨットクラブがこの優勝杯をかけて競い合ってきました。使用するヨットは出場国で造られ、各国の知恵と技術が投入されています。

 決勝大会は2017年6月に北大西洋のバミューダ諸島で行われますが、その前哨戦として世界各地で2年かけて予選が行われます。この予選レースを勝ち抜いたチームが、決勝で前回の優勝チームと一騎打ちをするのです。福岡での第9戦は11月18日~20日の3日間、中央区地行浜の沖合で開催されます。由緒ある「アメリカズカップ」のレースがアジアで開催されるのは150年を超える歴史の中でも初めてのことです。

 日本ではあまり馴染みがないヨットレースですが、欧米では知力と体力を駆使するスポーツとしてたいへん人気があります。また波穏やかな博多湾はヨットに適しており、小戸ヨットハーバーなどを拠点にしたチームも数多く、オリンピック選手も輩出しています。今回の「アメリカズカップ」には「ソフトバンク・チーム・ジャパン」が日本チームとして15年ぶりに参戦しているので、ぜひ応援したいですね。