本文へジャンプ
Fukuoka City
Change Font Size
SmallStandardLarge
Text to speech
LastUpDate: September 10, 2009
ここから本文

Hakata Culture vol.19


Background on Fukuoka's Asian Month

Asian Month picture

Residents of Fukuoka understand just how close we are to other Asian cities. Travelers from Fukuoka can fly to Shanghai in roughly the same amount of time it takes to Tokyo, and Seoul and Osaka are almost equidistant. That’s why I use my mileage points to visit Asian cities rather than domestic destinations. High-speed jet foils sail daily to Busan in South Korea, which signed a sister city agreement with Fukuoka City in February 2007. Fukuoka's geographical proximity to the Korean Peninsula and the Chinese mainland have allowed the city to long serve as the entry point for Asian culture. A staggering diversity of cultural elements has entered Japan through Fukuoka and Hakata. That was the context for Fukuoka City’s sponsorship of the Asia-Pacific Exposition at Seaside Momochi in 1989, commemorating the 100th anniversary of its incorporation as a municipality. The exhibition ran for 171 days and attracted 8.23 million visitors, far surpassing the original goal of 7 million. This generated interaction on the municipal level with other countries throughout Asia.

Asian Month was created the following year to maintain and develop these ties with Asia. The primary event is the Asian-Pacific Festival that presents food, music, and traditional arts of the region. The Fukuoka Asia Culture Prize was also created to honor individuals and groups for achievements in academia, research, the arts, and culture. Further, the Focus on Asia - Fukuoka International Film Festival was launched in 1991, and uses film to showcase the cultures of Asia and enable interaction with people in the industry from throughout the continent. The Asian Month slogan was originally "30 Days to Deepen Interest in Asia", but this was changed in 2006 to "From Exchange to Kyosei and Contribution" to give the event a new perspective. In 2009, Asian Month will be the 20th, marking a major turning point for the event. In addition, next year the Fukuoka Asian Art Museum will hold its fourth Fukuoka Asian Art Triennial. The city plans to marshal all its resources to hold these events next year. I'm looking forward to them, and I hope you are too!


 A public relations manager
 Kimiyo Sasaki



Hakata Culture also appears in

To FUKUOKA NOW Website

(c)  www.fukuoka-now.com All Right Reserved







アジアに近い福岡だからこそできるイベントです

 福岡市に住んでいる人なら誰しもが実感するのが、福岡はアジアに近い都市だということです。東京に行く時間と中国・上海に行く時間がほとんど同じ、韓国・ソウルなら大阪と同じくらいなので、私はマイレージがたまると国内よりもアジアに行きますね。2007年2月に姉妹都市締結をした韓国・釜山とは毎日高速船が行き来しています。朝鮮半島、中国大陸に近いという地の利に恵まれた福岡市は、古くからアジア文化の受け入れ窓口としての役割を果たしてきました。福岡・博多を経由してさまざまな文化が日本国内に浸透していったのです。

 そのような土壌をもつ福岡市は、市制100周年を記念し(1989年)「アジア太平洋博覧会」(通称・よかトピア)をシーサイドももちで開催しました。171日間にわたるこの博覧会の入場者は、目標の700万人を大きく上回る823万人で、アジア各国と市民レベルでの交流が生まれました。アジアとのつながりを一過性のもので終わらせたくないという思いから生まれたのが、翌1990年から開催されている「アジアマンス」です。主要事業として食文化や音楽、伝統芸能を紹介する「アジア太平洋フェスティバル」や、学術・研究・芸術・文化の分野で業績をあげた個人や団体を表彰する「福岡アジア文化賞」も始まりました。また1991年からは「アジアフォーカス福岡映画祭」(現在は「アジアフォーカス・福岡国際映画祭」)もスタートし、映画を通じてアジア文化を紹介し、アジアの映画人が交流する場となりました。

 アジアマンスのキャッチフレーズは「アジアを深める30日」でしたが、2006年の開催から「交流から共生・貢献へ」とし、新たな視点からの取り組みを行っています。2009年の開催で大きなターニングポイントとなる20周年。福岡アジア美術館も2009年は「第4回福岡アジア美術トリエンナーレ」の開催です。福岡市の総力を挙げて開催に取り組む予定です!お楽しみに!!

アジアマンス福岡


  福岡市広報課長 佐々木 喜美代