本文へジャンプ
Fukuoka City
Change Font Size
SmallStandardLarge
Text to speech
LastUpDate: April 2, 2009
ここから本文

Hakata Culture vol.3


The Fukuoka Asian Art Museum
The world’s first museum dedicated to Asian art


The Fukuoka Asian Art Museum image

Ten years ago, on March 6, 1999, the Fukuoka Asian Art Museum opened in the Hakata Riverain Center Building, next to the Hakata-za playhouse. It is the first art museum in the world to systematically collect and display modern Asian art. The collection includes nearly 2,300 pieces in various styles from 21 countries and territories in Asia, and the quality of its collection makes the museum a world-class institution.

Asian art is currently attracting the world’s attention, but there has been interest in the genre in Fukuoka City for some time. This interest dates back to 1979, when the Fukuoka Art Museum in Ohori Park opened. An exhibition of Asian art commemorated the museum’s opening, and they have held similar exhibitions every five years since then. The Fukuoka Asian Art Museum has collected modern works of art from Asia, and invited contemporary artists to create works, and then purchased them. They have also placed in their collection objects created by artisans and technicians who cannot be called artists.

For example, they display rickshaw art from Bangladesh, in which people draw portraits of film stars, animals, flowers, and other scenes on the vehicles. The rickshaw itself has become an art object, and of course people in Bangladesh use them for transportation. This display can be seen in the sculpture lounge at the seventh floor café.

In addition to the commemoration when the Fukuoka Asian Art Museum was opened, the Asia Exhibition is conducted on a large scale every three years under the name of the Fukuoka Asian Art Triennial. This year, the fourth exhibit will be held from September 5 to November 23 to commemorate the museum’s 10th anniversary. Full details are not yet available, but the museum is sparing no effort to make it a success.

The museum has another unmissable attraction that will run until July 21: a retrospective of the museum’s 10 years entitled Playback 1999-2009. It will include a chronology, which will look at past exhibits and the works of artists who have lived in Fukuoka with a slide show.

Fukuoka Asian Art Museum
7 & 8 F, Riverain Center Bld., 3-1 Shimokawabata-machi, Hakata Ward, Fukuoka City
Tel. : 092-263-1100


 Kimiyo Sasaki



Hakata Culture also appears in

To FUKUOKA NOW Website

(c)  www.fukuoka-now.com All Right Reserved







世界で(はじ)めての福岡(ふくおか)アジア美術館(びじゅつかん

 今(いま)から10年前(ねんまえ)の1999(ねん)3(がつ)6(にち)演劇(えんげき)専用(せんよう)劇場(げきじょう)博多座(はかたざ)」の(となり)にある博多(はかた)リバレインセンタービルに福岡(ふくおか)アジア美術(びじゅつ)(かん)誕生(たんじょう)しました。アジアの(きん)現代(げんだい)美術(びじゅつ)系統(けいとう)(てき)収集(しゅうしゅう)展示(てんじ)する世界(せかい)(はじ)めての美術(びじゅつ)(かん)です。アジア21カ国(かこく)地域(ちいき)多様(たよう)なジャンルの(やく)2,300(てん)(およ)ぶコレクションは質量(しつりょう)ともに世界(せかい)自慢(じまん)できるものとなりました。

 アジア美術(びじゅつ)現在(げんざい)世界(せかい)各国(かっこく)から注目(ちゅうもく)(あつ)めるようになりましたが、福岡市(ふくおかし)ではずっと以前(いぜん)からアジア美術(びじゅつ)着目(ちゃくもく)していたのです。それは、大濠(おおほり)公園(こうえん)(ない)にある福岡市(ふくおかし)美術(びじゅつ)(かん)開館(かいかん)した1979(ねん)までさかのぼります。開館(かいかん)記念(きねん)(てん)として「アジア美術(びじゅつ)(てん)」を開催(かいさい)、それからほぼ5(ねん)ごとにアジア美術(びじゅつ)(てん)(おこな)って(きん)現代(げんだい)のアジア美術(びじゅつ)作品(さくひん)購入(こうにゅう)し、現代(げんだい)作家(さっか)たちに制作(せいさく)してもらった作品(さくひん)(ふく)めて収集(しゅうしゅう)してきました。また、美術(びじゅつ)作家(さっか)とは()ばれない職人(しょくにん)技術者(ぎじゅつしゃ)などさまざまな(つく)()たちによる造形物(ぞうけいぶつ)をコレクションの(なか)(くわ)えていったのです。現在(げんざい)福岡(ふくおか)アジア美術(びじゅつ)(かん)では、たとえばバングラデシュのリキシャアート、これは日本(にほん)でいうところの人力車(じんりきしゃ)映画(えいが)スターや動物(どうぶつ)草花(くさばな)などが()()まれたものがコレクションされています。リキシャそのものが作品(さくひん)であり、バングラデシュではもちろんそれに(ひと)()って(はし)っています。この作品(さくひん)は7(かい)のカフェ「アジカフェ」がある彫刻(ちょうこく)ラウンジで()ることができますよ。

「アジア美術(びじゅつ)(てん)」は福岡(ふくおか)アジア美術(びじゅつ)(かん)開館(かいかん)同時(どうじ)に「福岡(ふくおか)アジア美術(びじゅつ)トリエンナーレ」と名称(めいしょう)(あらた)め、3(ねん)ごとに大規模(だいきぼ)展覧会(てんらんかい)(おこな)っています。今年(ことし)は10周年(しゅうねん)記念(きねん)して4回目(かいめ)となる美術(びじゅつ)(てん)が9(がつ)5(にち)から11(がつ)23(にち)まで開催(かいさい)(くわ)しい情報(じょうほう)近日中(きんじつちゅう)九州(きゅうしゅう)産業(さんぎょう)大学(だいがく)制作(せいさく)による(しん)サイトで公開(こうかい)されますが、福岡(ふくおか)アジア美術(びじゅつ)(かん)総力(そうりょく)()げて()()むことは間違(まちが)いありません。また()る3(がつ)6(にち)開館(かいかん)10周年(しゅうねん)記念日(きねんび)より「プレイバック1999-2009」と(だい)して、これまでの展覧会(てんらんかい)福岡(ふくおか)滞在(たいざい)して作家(さっか)たちが(つく)った作品(さくひん)などを()(かえ)年表(ねんぴょう)やスライドショーを7(がつ)21(にち)まで(おこな)っていますのでお見逃(みのが)しなく!

福岡(ふくおか)アジア美術館(びじゅつかん)
福岡市(ふくおかし)博多(はかた)()(しも)川端(かわばた)3-1リバレインセンタービル7・8(かい)
tel. 092-263-1100


 福岡市(ふくおかし)広報(こうほう)課長(かちょう) 佐々木(ささき) 喜美代(きみよ)