○福岡市油山市民の森条例

昭和44年4月1日

条例第26号

(目的)

第1条 この条例は、市民に森林を開放して美しい自然環境及び自然観察の場を与え、自然愛護に対する意識の高揚に資するとともに林業の普及改良を図るため、福岡市油山市民の森(以下「市民の森」という。)を設置し、その適正な管理を図ることを目的とする。

(昭和63条例16・一部改正)

(設置)

第2条 市民の森を次の区域に設置する。

福岡市城南区大字東油山字黒ノ原501番1の1,501番1の2及び502番

福岡市城南区大字東油山字駄ケ原166番6及び167番6

福岡市南区大字桧原字夫婦石854番11,855番1の一部及び855番4

福岡市南区大字柏原字西山田650番の一部及び651番

(昭和52条例71・全改、昭和57条例34・昭和59条例21・昭和63条例16・一部改正)

(事業)

第3条 市民の森においては、次の事業を行う。

(1) 自然美を保護し、森林を育成すること。

(2) 保養、自然観察及び健全なレクリエーシヨンのための施設を設置し、管理すること。

(3) 自然観察活動の指導及び自然愛護活動の育成に関すること。

(4) 林業の経営、技術の研究及び普及に関すること。

(5) その他目的達成に必要なこと。

(昭和63条例16・一部改正)

(施設)

第4条 市民の森に次のような施設を置く。

(1) 風致林、花木樹木園、野鳥保護林、林業展示林、苗木等の森林

(2) キヤンプ場、バンガロー、草スキー場、展望台、ハイキングコース、散策道、駐車場

(3) 自然観察の森及び規則で定めるその付帯施設

(昭和56条例24・昭和63条例16・平成23条例12・一部改正)

(使用料)

第5条 バンガローを利用する者からは、1回の利用につき8,000円以内で規則で定める額の使用料を徴収する。

2 駐車場を利用する者(規則で定める者を除く。)からは、別表に定める額の使用料を徴収する。

3 前2項の規定により既に納入された使用料は、還付しない。ただし、市長が特別の理由があると認める場合には、その全部又は一部を還付することができる。

(昭和56条例24・追加、昭和59条例21・旧第5条の2繰上、平成13条例22・平成17条例28・平成23条例12・一部改正)

(遵守事項)

第6条 市民の森においては、次の各号に掲げる行為をしてはならない。

(1) 植物又は施設をき損すること。

(2) 鳥獣その他の動物を殺傷し、又は捕獲すること。

(3) 火災の原因となる行為をすること。

(4) 風紀を乱し、又は他人に迷惑を与えるような行為をすること。

(5) その他規則で定めること。

2 前項の規定に違反する行為等により本市に損害を与えた者は、原状を回復し、又は損害を賠償しなければならない。

(平成17条例28・一部改正)

(利用の制限)

第7条 市長は、管理上必要と認める場合は、市民の森の一部又は全部の区域につき必要な期間、利用を禁止し、又は制限することができる。

2 市長は、前条第1項の規定に違反した者に対し、違反行為の中止又は市民の森からの退去を命じることができる。

(平成17条例28・一部改正)

(指定管理者による管理)

第8条 市長は、市民の森の管理を地方自治法(昭和22年法律第67号)第244条の2第3項に規定する指定管理者(以下「指定管理者」という。)に行わせることができる。

2 指定管理者が行う市民の森の管理に関する業務は、次に掲げるとおりとする。

(1) 第3条各号に掲げる事業に関する業務

(2) 第5条第1項及び第2項に規定する使用料の徴収に関する業務

(3) 第7条に規定する利用の制限に関する業務

(4) 市民の森の施設の維持及び修繕に関する業務

(5) 前各号に掲げるもののほか、市長が必要と認める業務

(平成17条例28・全改、平成23条例12・一部改正)

(指定管理者の指定)

第9条 市長は、市民の森の管理を指定管理者に行わせようとするときは、規則で定めるところにより、指定管理者の指定を受けようとする者を公募するものとする。ただし、市民の森の管理上緊急に指定管理者を指定する必要がある場合その他特別な事情があると市長が認める場合は、この限りでない。

2 指定管理者の指定を受けようとする者は、規則で定めるところにより、市長に申請しなければならない。

3 市長は、前項の規定による申請があつたときは、次に掲げる基準により最も適切な管理を行うことができると認める者を指定管理者に指定するものとする。

(1) 市民の正当かつ公平な利用を確保することができるものであること。

(2) 市民の森の効用を十分に発揮させるとともに、その管理に要する経費の縮減が図られるものであること。

(3) 市民の森の管理をするために必要な経済的基礎及びこれを的確に遂行するために必要なその他の能力が十分であること。

(4) 前3号に掲げるもののほか、市長が必要と認める基準

(平成17条例28・追加)

(指定等の告示)

第10条 市長は、指定管理者の指定をしたときは、速やかに規則で定める事項を告示しなければならない。告示した事項に変更があつたときも、また同様とする。

(平成17条例28・追加)

(指定の取消し等)

第11条 地方自治法第244条の2第11項に規定する指定管理者による管理を継続することが適当でないと認めるときは、次の各号のいずれかに該当するときとする。

(1) 地方自治法第244条の2第10項の規定による報告の要求又は調査に対し、これに応じず、又は虚偽の報告をし、若しくは調査を妨げたとき。

(2) 第9条第3項各号に掲げる基準を満たさなくなつたと認めるとき。

(3) 次条に規定する管理の基準を遵守しないとき。

(4) 偽りその他不正な手段により指定を受けたとき。

(5) 前各号に掲げるもののほか、当該指定管理者による管理を継続することが適当でないと認めるとき。

2 前条の規定は、地方自治法第244条の2第11項の規定により指定を取り消し、又は期間を定めて管理の業務の全部若しくは一部の停止を命じた場合について準用する。

(平成17条例28・追加)

(管理の基準)

第12条 指定管理者は、法令、この条例この条例に基づく規則その他市長の定めるところに従つて適正に市民の森の管理を行わなければならない。

(平成17条例28・追加)

(指定管理者の原状回復義務等)

第13条 指定管理者は、その指定の期間が満了したとき、又は地方自治法第244条の2第11項の規定により指定を取り消され、若しくは期間を定めて管理の業務の全部若しくは一部の停止を命じられたときは、管理をしなくなつた市民の森の施設を速やかに原状に回復しなければならない。ただし、特別の事情があると市長が認めるときは、この限りでない。

2 指定管理者がその責めに帰すべき事由により、市民の森の施設をき損して本市に損害を与えたときは、これを原状に復し、又はその損害を賠償しなければならない。

(平成17条例28・追加)

(指定管理者に関する読替え)

第14条 第8条第1項の規定により市民の森の管理を指定管理者に行わせる場合における第7条の規定の適用については、同条中「市長」とあるのは、「指定管理者」とする。

(平成17条例28・追加)

(委任)

第15条 この条例に定めるもののほか、市民の森の管理に関し必要な事項は、規則で定める。

(平成17条例28・旧第9条繰下)

附 則

この条例は、公布の日から施行する。

附 則(昭和47年1月10日条例第19号)

この条例は、昭和47年4月1日から施行する。

附 則(昭和48年3月31日条例第23号)

(施行期日)

1 この条例は、昭和48年4月1日から施行する。

附 則(昭和52年10月6日条例第71号)

この条例は、公布の日から施行する。

附 則(昭和56年3月30日条例第24号)

この条例は、昭和56年7月1日から施行する。

附 則(昭和57年4月1日条例第34号)

この条例は、昭和57年5月10日から施行する。

附 則(昭和59年3月29日条例第21号)

この条例は、昭和59年4月1日から施行する。

附 則(昭和63年3月31日条例第16号)

この条例の施行期日は、規則で定める。

(昭和63年規則第69号により昭和63年4月29日から施行)

附 則(平成13年3月29日条例第22号)

この条例は、平成13年4月1日から施行する。

附 則(平成17年3月31日条例第28号)

(施行期日)

1 この条例は、公布の日から施行する。

(経過措置)

2 この条例の施行の際現にこの条例による改正前の福岡市油山市民の森条例第8条の規定に基づき管理を委託している市民の森の当該管理については、平成18年9月1日(その日前に地方自治法第244条の2第3項の規定に基づき市民の森の管理に係る指定をした場合には、当該指定の日)までの間は、なお従前の例による。

附 則(平成19年6月29日条例第41号)

この条例は、公布の日から施行する。

附 則(平成23年3月17日条例第12号)

この条例は、平成23年4月1日から施行する。

附 則(平成29年2月27日条例第3号)

この条例は、平成29年3月12日から施行する。

別表

(平成13条例22・追加、平成19条例41・平成29条例3・一部改正)

区分

単位

金額

普通自動車

準中型自動車

1台1回

300円

中型自動車

1,000円

大型自動車

2,000円

備考

1 1回の利用時間は、24時間以内とする。

2 普通自動車とは道路交通法(昭和35年法律第105号)第3条に規定する普通自動車を、準中型自動車とは同条に規定する準中型自動車を、中型自動車とは同条に規定する中型自動車を、大型自動車とは同条に規定する大型自動車をいう。

福岡市油山市民の森条例

昭和44年4月1日 条例第26号

(平成29年3月12日施行)

体系情報
第10類 産業・港湾/第3章 農林・水産
沿革情報
昭和44年4月1日 条例第26号
昭和47年1月10日 条例第19号
昭和48年3月31日 条例第23号
昭和52年10月6日 条例第71号
昭和56年3月30日 条例第24号
昭和57年4月1日 条例第34号
昭和59年3月29日 条例第21号
昭和63年3月31日 条例第16号
平成13年3月29日 条例第22号
平成17年3月31日 条例第28号
平成19年6月29日 条例第41号
平成23年3月17日 条例第12号
平成29年2月27日 条例第3号