○福岡市中央卸売市場特別会計条例

昭和39年3月28日

条例第6号

(設置)

第1条 地方自治法(昭和22年法律第67号)第209条第2項の規定により,中央卸売市場の円滑な運営とその経理の適正を図るため,福岡市中央卸売市場特別会計を設置し,一般会計と区分して経理する。

2 この条例において「中央卸売市場」とは,卸売市場法(昭和46年法律第35号)の規定に基づき本市が設置する中央卸売市場をいう。

(昭和47条例69・平成12条例3・平成17条例70・一部改正)

(歳入及び歳出)

第2条 この会計においては,中央卸売市場事業収入,国庫支出金,繰入金,借入金及び附属諸収入をもつてその歳入とし,中央卸売市場事業費,借入金の償還金及び利子その他の諸支出をもつてその歳出とする。

附 則

この条例は,公布の日から施行し,昭和39年度の予算から適用する。

附 則(昭和47年10月16日条例第69号)

この条例は,公布の日から施行する。

附 則(平成12年2月28日条例第3号)

(施行期日)

1 この条例は,規則で定める日から施行する。ただし,附則第6項及び第7項の規定は,平成12年4月1日から施行する。

(平成12年規則第59号により平成12年4月1日から施行)

附 則(平成17年3月31日条例第70号)

(施行期日)

1 この条例は,平成17年4月1日から施行する。

(福岡市臨海市場特別会計条例の廃止)

2 福岡市臨海市場特別会計条例(昭和39年福岡市条例第5号)は,廃止する。

福岡市中央卸売市場特別会計条例

昭和39年3月28日 条例第6号

(平成17年4月1日施行)

体系情報
第6類 政/第6章 特別会計
沿革情報
昭和39年3月28日 条例第6号
昭和47年10月16日 条例第69号
平成12年2月28日 条例第3号
平成17年3月31日 条例第70号