○口頭審理の委任について

昭和27年11月21日

庁達第17号

福岡市職員の懲戒に関する条例(昭和26年福岡市条例第57号)第6条第2項の規定に基づき,同条第1項に規定する口頭審理を総務企画局人事部長に委任する。ただし,総務企画局人事部長が事件に関係のある場合には,その都度事件に関係のない課長以上の者で適当と認められる者に,これを委任するものとする。

附 則(昭和40年4月19日達甲第1号)

この達甲により改正された帳票等の様式については,当分の間,なお改正前の様式を使用することができる。

改正文(平成9年3月31日達甲第4号)

平成9年4月1日から施行する。

口頭審理の委任について

昭和27年11月21日 庁達第17号

(平成9年4月1日施行)

体系情報
第4類 事/第4章 分限・派遣・懲戒
沿革情報
昭和27年11月21日 庁達第17号
昭和33年 達甲第3号
昭和40年4月19日 達甲第1号
昭和49年 達甲第4号
平成9年3月31日 達甲第4号