現在位置:福岡市ホームの中の中央区の中の魅力・観光の中の中央区みどころ情報発信館からヴィクトリア時代の街灯
更新日: 2018年8月10日

 このページは、中央区の区民ボランティア「ちゅうおうPRサポーター(平成24年3月末をもって事業終了)」が取材を行い作成した記事をもとに掲載しています。
 随時記事の追加や修正を行っていますが、記載内容の誤り等、何かお気づきの点がございましたら総務課(092-718-1013)までお知らせください。
 なお、本記事を無断で転載・引用等することはご遠慮ください。

【ヴィクトリア時代の街灯】

天神を彩る光のアート

市役所北別館の一角に立つ街灯(画像)

市役所北別館の一角に立つ街灯

 夜の訪れとともに街中が光に満たされます。その中でもひときわ柔らかな、オレンジ色の暖色を灯す街路灯が、福岡市役所北別館の横に立っていて、ロマンチックな雰囲気を漂わせてくれています。この街灯は、福岡とアメリカ・オークランドの姉妹都市提携12周年を記念して、1975年(昭和50年)にオークランド市民が福岡市民に贈ったものです。「福岡エキスポ‘75」において展示されたヴィクトリア時代の街灯を、エキスポ終了後、福岡市民に贈ることにしたのです。街灯は1925年以来、オークランドのレーキ・メリット公園の周辺を、首飾りのように美しく彩った装飾の一つです。芸術的な光に誘われて、街を歩いてみるのもよいでしょう。

夜になるとオレンジ色の光を放つ街頭の画像

夜になるとオレンジ色の光を放ちます