現在位置:福岡市ホームの中の中央区の中の魅力・観光の中の中央区みどころ情報発信館から当仁小学校出身の金メダリスト
更新日: 2016年10月1日

 このページは、中央区の区民ボランティア「ちゅうおうPRサポーター(平成24年3月末をもって事業終了)」が取材を行い作成した記事をもとに掲載しています。
 随時記事の追加や修正を行っていますが、記載内容の誤り等、何かお気づきの点がございましたら企画振興課(092-718-1013)までお知らせください。
なお、本記事を無断で転載・引用等することはご遠慮ください。


【当仁小学校出身の金メダリスト】

金メダリスト、南将之さんの制服が展示されています


金メダリストの南さんの制服

子どもたちに大きな夢を抱かせてくれます


 当仁小学校には、昭和47年に旧西ドイツで行われたミュンヘンオリンピック男子バレーボールの金メダリスト、()南将之さんが着用した日本選手団の制服が展示されています。この制服は、同校出身の南さんが、当時担任をしていた()友納尚さんに贈っていたもので、その後、友納さんのご家族が「子どもたちへの教育に役立ててほしい」という思いから、新体育館落成式(平成10年9月25)に併せて寄贈されました。

 また、この寄贈の趣旨に賛同した南さんの妻、千鶴子さんは、ミュンヘンオリンピックの金メダルをはじめ、メキシコオリンピックの銀メダル、東京オリンピックの銅メダルのそれぞれの写真や、南さんが実際に使用していたバレーシューズなどを同小学校に寄贈されました。

 現在、この寄贈された品々は、子どもたちがいつでも自由に見ることができるようにと、同小学校内に展示されています。

 当仁小学校の教頭先生は「子どもたちがこの制服やメダルの写真を見ることによって、自らも高い志を持ち、南選手に倣って、世界に羽ばたく人に育つよう願っています」と笑顔で話していました。