現在位置:福岡市ホームの中の中央区の中の魅力・観光の中の中央区みどころ情報発信館から#マークの意味
更新日: 2016年10月1日

 このページは、中央区の区民ボランティア「ちゅうおうPRサポーター(平成24年3月末をもって事業終了)」が取材を行い作成した記事をもとに掲載しています。
 随時記事の追加や修正を行っていますが、記載内容の誤り等、何かお気づきの点がございましたら企画振興課(092-718-1013)までお知らせください。
なお、本記事を無断で転載・引用等することはご遠慮ください。


【街で見掛ける#マークの意味


道案内などに活用できるマークです

 普段の生活の中で、何丁目何番と書かれた住居表示プレートはよく見掛けますが、国体道路(けやき通り含む)や、大名地区などの通り名称標示プレートには、一風変わった「#」番号が入っています。これは土地に不慣れな人を、通り名称と距離を示す番号で目的地まで案内することを目的としたもので、中央区内では国が管理する国体道路と、市が管理する大名地区、今泉地区の通り名称標示プレートに記載されています。


 このマークは「#○」(○の中は数字)と表示されており、○の中の数字は、通りの起点からの距離を表しています。例えば国体道路の起点になっているのは、大博通りと国体道路とが交わる祇園町交差点です。ここを起点とした距離を10で除した数字がプレートには記載されていまので、#190と書いてあれば、起点からおおむね1,900メートル地点ということを表しています。この#番号により、起点からどの位置に自分がいるのかが分かるようになり、道案内などへの活用が期待されています。


 今後、都心部を中心に、明治通りの一部や天神地区、春吉などの地区に設置される予定の通り名称標示プレートにも記載されるようです。


中央区の通り名称付けの詳細は下記アドレスをクリックしてください。
http://www.city.fukuoka.lg.jp/chuoku/kikaku/torikumi/machimagurinaviproject.html


国土交通省九州地方整備局通り名で道案内のページは、下記アドレスをクリックしてください。
http://www.qsr.mlit.go.jp/n-michi/torina/index.html


#マーク付き通り名称標示プレートの写真1   #マーク付き通り名称標示プレートの写真2