現在位置:福岡市ホームの中の中央区の中の魅力・観光の中の中央区みどころ情報発信館からみなと大橋
更新日: 2018年9月5日

 このページは、中央区の区民ボランティア「ちゅうおうPRサポーター(平成24年3月末をもって事業終了)」が取材を行い作成した記事をもとに掲載しています。
 随時記事の追加や修正を行っていますが、記載内容の誤り等、何かお気づきの点がございましたら総務課(092-718-1013)までお知らせください。
 なお、本記事を無断で転載・引用等することはご遠慮ください。


【みなと大橋】


博多湾が目の前に迫るみなと大橋



博多ポートタワーを望むみなと大橋の写真


博多ポートタワーを望むみなと大橋



 古くから大陸への玄関口として重要な役割を担い、栄えてきた博多湾。海岸線は、遠い昔からは大きく変貌を遂げています。

 博多湾と那珂川の境に架かるみなと大橋が竣工したのは、昭和61年3月のこと。都市高速道路1号線と一般道2本の計3本から構成される橋です。

 みなと大橋を渡ると海から漂う潮の香りが全身をまとい、対岸のベイサイドプレイスに立つ高さ100mの博多ポートタワーが目の前に迫ります。

 河口では色濃い魚影を求める釣り人の姿が見受けられ、那珂川の豊かな恵みは博多湾へ静かに溶け込んでいきます。