現在位置:福岡市ホームの中の中央区の中の魅力・観光の中の中央区みどころ情報発信館からメルヘンチャイム
更新日: 2016年10月1日

 このページは、中央区の区民ボランティア「ちゅうおうPRサポーター(平成24年3月末をもって事業終了)」が取材を行い作成した記事をもとに掲載しています。
 随時記事の追加や修正を行っていますが、記載内容の誤り等、何かお気づきの点がございましたら企画振興課(092-718-1013)までお知らせください。
 なお、本記事を無断で転載・引用等することはご遠慮ください。


【メルヘンチャイム】


新天町商店街のシンボル「メルヘンチャイム」


大きなからくり時計(image)

大きなからくり時計


昭和56年、新天町商店街創業35周年を記念して設置された「からくり時計」です。

平成8年に商店街創業50周年を記念してリニューアルされ、高さ17メートル、幅25メートルの大きな時計塔となりました。直径3メートルもある大時計の長針は月を、短針は太陽を表しているそうです。

その下にある12個の鐘は、オランダの鐘職人による手作りで、新天町商店街が日本で初めて輸入して取り付けたという、とても由緒あるものです。

真ん中の少し大きな鐘は「幸せの鐘」と呼ばれ、もともと和菓子屋の「千鳥屋」がオーストリアのチロル地方から贈られたものを、新天町商店街に寄贈したものです。

鐘は1ヶ月ごとに調律がなされ、1時間ごとに流れるメロディーと合わせて美しいハーモニーを奏でます。

中央の小窓から出てくるのは、新天町商店街のマスコットキャラクター「どん太くん」です。メロディーに合わせて、コミカルな動きをします。