現在位置:福岡市ホームの中の中央区の中の魅力・観光の中の中央区みどころ情報発信館から樋井川筑肥橋
更新日: 2016年10月1日

 このページは、中央区の区民ボランティア「ちゅうおうPRサポーター(平成24年3月末をもって事業終了)」が取材を行い作成した記事をもとに掲載しています。
 随時記事の追加や修正を行っていますが、記載内容の誤り等、何かお気づきの点がございましたら総務課(092-718-1013)までお知らせください。
 なお、本記事を無断で転載・引用等することはご遠慮ください。


【樋井川筑肥橋】


国鉄筑肥線が走っていた場所に架かる橋



動輪と線路がかたどられた橋の写真


動輪と線路がかたどられた橋





 博多から筑前簑島、筑前高宮、小笹、鳥飼、西新を経由し、姪浜へ通じていた国鉄筑肥線。この樋井川筑肥橋は、筑肥線が昭和58年に廃線となった後、鉄橋に代わって架けられた橋です。

 橋の欄干には蒸気機関車の動輪のモニュメントが並びます。また、橋の親柱には線路もかたどられています。汽笛を鳴らしながら機関車が通っていた、当時の懐かしい風景を今に伝えています。

 ちなみに、筑肥線が通っていた場所に架かる橋は、樋井川筑肥橋のほかにあと2つあります。那珂川に架かる那珂川筑肥橋と、室見川に架かる室見川筑肥橋ですが、両方とも欄干や親柱は、筑肥線をイメージしたデザインになっています。