現在位置:福岡市ホームの中の中央区の中の魅力・観光の中の中央区みどころ情報発信館からふくふくプラザの「和の響」
更新日: 2016年10月1日

 このページは、中央区の区民ボランティア「ちゅうおうPRサポーター(平成24年3月末をもって事業終了)」が取材を行い作成した記事をもとに掲載しています。
 随時記事の追加や修正を行っていますが、記載内容の誤り等、何かお気づきの点がございましたら総務課(092-718-1013)までお知らせください。
なお、本記事を無断で転載・引用等することはご遠慮ください。


【癒しの音を奏でる和(やわらぎ)の響

</DIV>

 福岡市市民福祉プラザ(愛称:ふくふくプラザ)の1階ロビーには編鐘時計「和の響」があります。この時計は市民福祉プラザが開館した1998年2月に岩田屋から寄贈された物で、従来のカリヨン(洋鐘)とは異なり、日本の梵鐘とほぼ同じ金属組成でできています。鐘一つ一つの響きを重視し、より日本の風土・文化に溶け込む心地よい音色を醸し出します。

 開館時間であればいつでもロビーでみることができるので、福祉情報を片手にこの音色に耳を傾けてみてはいかがでしょうか?
 鐘の音は午前9時から午後6時までの毎時0分に鳴り響きます。