現在位置:福岡市ホームの中の中央区の中の魅力・観光の中の中央区みどころ情報発信館から福岡市美術館の彫刻群
更新日: 2016年10月1日

 このページは、中央区の区民ボランティア「ちゅうおうPRサポーター(平成24年3月末をもって事業終了)」が取材を行い作成した記事をもとに掲載しています。
 随時記事の追加や修正を行っていますが、記載内容の誤り等、何かお気づきの点がございましたら総務課(092-718-1013)までお知らせください。
 なお、本記事を無断で転載・引用等することはご遠慮ください。



【福岡市美術館の彫刻群】


自由に観賞できる美術館の彫刻


三日月と鐘の上を跳ぶ野うさぎの彫刻の様子

三日月と鐘の上を跳ぶ野うさぎ


小錦関をモデルにした彫刻の様子

小錦関をモデルにした彫刻


色合いが印象的な「南瓜」の彫刻の様子

色合いが印象的な「南瓜」



 福岡市美術館の南側で「三日月と鐘の上を跳ぶ野うさぎ」が来館者を出迎えます。うさぎをテーマとする作品を手がけるイギリス人彫刻家、バリー・フラナガン氏の作品。飛び跳ねるうさぎの一瞬を見事にとらえています。

 美術館館内の2階ロビーでは、元大相撲力士の小錦関をモデルにした彫刻「Nippon Cha Cha Cha」にびっくり。展示室内での写真撮影は禁止されていますが、この彫刻だけは撮影できるので、一緒に記念撮影をしてみてはいかがでしょう。

 2階出入り口前の屋外にも彫刻が点在しています。草間彌生氏の「南瓜(かぼちゃ)」など印象的な彫刻が並びます。

  福岡市美術館のホームページへ