現在位置:福岡市ホームの中の中央区の中の魅力・観光の中の中央区みどころ情報発信館から「荒津の崎」万葉歌碑
更新日: 2016年10月1日

 このページは、中央区の区民ボランティア「ちゅうおうPRサポーター(平成24年3月末をもって事業終了)」が取材を行い作成した記事をもとに掲載しています。
 随時記事の追加や修正を行っていますが、記載内容の誤り等、何かお気づきの点がございましたら総務課(092-718-1013)までお知らせください。
 なお、本記事を無断で転載・引用等することはご遠慮ください。


【「荒津の崎」万葉歌碑】


妻を恋い慕う歌



西公園西展望台にある歌碑の写真


西公園西展望台にある歌碑



西公園の西側展望台に万葉歌碑が立っています。


 神さぶる 荒津の崎に 寄する波
 間無くや妹に 恋ひ渡りなむ


(神々しい荒津の崎に寄せる波のように、いつも妻を恋慕うのだろうか。)


遣新羅使の土師稲足(はにしのいなたり)が妻を想って詠んだ歌です。

西公園はかつて荒津山と呼ばれ、博多湾に突き出ていました。荒津の崎は、この碑がある西公園の岬だというのが通説になっています。