現在位置:福岡市ホームの中の中央区の中の魅力・観光の中の中央区みどころ情報発信館から飴買い幽霊
更新日: 2018年8月10日

 このページは、中央区の区民ボランティア「ちゅうおうPRサポーター(平成24年3月末をもって事業終了)」が取材を行い作成した記事をもとに掲載しています。
 随時記事の追加や修正を行っていますが、記載内容の誤り等、何かお気づきの点がございましたら総務課(092-718-1013)までお知らせください。
 なお、本記事を無断で転載・引用等することはご遠慮ください。

飴買い幽霊

 毎晩、丑三つ時(午前2時ごろ)になると飴屋の表戸をトントンとたたいて、若い女が飴を買いに来ます。不審に思った飴屋がある日女の後をつけていくと、安国寺の中に消えていきました。境内には新しい卒塔婆(そとば)が立っていて、地中から赤ん坊の泣き声がします。

 寺の住職と墓を掘ってみると、亡くなった母親から生まれた赤ん坊がいました。乳も出ず、死ぬに死にきれぬ母親が幽霊となり、飴で我が子を育てようとしたのでしょうか。墓から取り出された赤ん坊も、日を経ずして亡くなりました。寺の記録によると延宝7年(1679年)のことです。

 今も安国寺の境内には「岩松院殿禅室妙悦」と彫られた女の墓が建っています。その横にしがみつくように立っている墓には「童女」と刻まれています。安国寺は現在の天神三丁目にあります。

飴買い幽霊の墓と寄り添う小さな墓の画像

飴買い幽霊の墓と寄り添う小さな墓