現在位置:福岡市ホームの中の中央区の中の魅力・観光の中の中央区みどころ情報発信館から肥前堀と石積みの広場
更新日: 2018年9月5日

 このページは、中央区の区民ボランティア「ちゅうおうPRサポーター(平成24年3月末をもって事業終了)」が取材を行い作成した記事をもとに掲載しています。
 随時記事の追加や修正を行っていますが、記載内容の誤り等、何かお気づきの点がございましたらページ下部の問い合わせ先までお知らせください。
 なお、本記事を無断で転載・引用等することはご遠慮ください。

【肥前堀と石積みの広場】


天神地下街にある肥前堀ゆかりの場所



天神地下街の8番街にある石積みの広場の写真


天神地下街の8番街にある石積みの広場


 南北に約600メートル続く天神地下街ですが、7番街から8番街までにかけての壁面だけが石垣をイメージしたものになっています。この場所は、石積みの広場と呼ばれています。

 江戸時代、幅50メートルの肥前堀がこの場所を通って東西に延び、両岸には石垣が築かれていました。

 福岡城築城の際に築かれた肥前堀には当初、南北の両岸に石垣は築かれていませんでしたが、大雨などで土手が崩れるといった被害が生じたため、文化8年(1811年)に石垣を築いたとの記録が残っています。

 肥前堀という名称ですが、建設にあたって肥前の国、佐賀藩の支援を受けて築かれたことから、その名が付きました。しかし、なぜ肥前佐賀藩は支援をしたのでしょうか。





天神地下街壁面の写真


壁面は石垣をイメージ


 天下分け目の関ヶ原の戦いで、佐賀藩の鍋島氏は西軍の石田三成に味方をしていました。西軍敗北後、お家取り潰しの危機となった鍋島家は、隣国福岡藩の黒田如水に「何とかうまくやってくれないか」と、徳川家康へのお取りなしを願い出ました。

 関ヶ原の戦いで東軍についた黒田家の活躍は、家康に高く評価されていたので、黒田如水の「見逃してくれないか」という口利きによって鍋島家は安泰となりました。この恩義に深く感謝した肥前佐賀藩が、堀の工事を引き受けたとされています。

 明治になって、肥前堀では福岡県がレンコンの栽培を行っていたそうですが、明治43年、産業博覧会の九州沖縄8県連合共進会が開かれるのに合わせて、肥前堀は埋め立てられることとなりました。

 ちなみに、現在の福岡市役所庁舎の南側半分は、肥前堀の上に立っています。