本文へジャンプ
福岡市
字体大小
小标准大
高声朗读
LastUpDate: July 9, 2015
ここから本文

博多小知识 101

在福冈举行的柔道和剑道全国大赛

在福冈举行的柔道和剑道全国大赛 图片

在日本高中的俱乐部活动中,自古以来的武术非常盛行。其中有代表性的是柔道和剑道。并且,街头巷尾都设有儿童也可学柔道和剑道的练武场,众多的儿童前来参加。练习这种柔道和剑道的高中生的目标是参加比赛,其中之一是每年夏天在福冈举行的“金鹫旗”和“玉龙旗”。


 “金鹫旗”是西日本新闻社和九州柔道协会主办的柔道比赛;“玉龙旗”是西日本新闻社和九州剑道联盟主办的剑道比赛。两者都于毎年7月下旬在福冈马林麦瑟举行。继“金鹫旗”比赛之后,举行“玉龙旗”比赛,比赛分为男子部门和女子部门。作为高中生的全国比赛,“金鹫旗”和“玉龙旗”与INTER-HIGH(全国高中综合运动会)等并驾齐驱,被列为三大比赛之一。


当地的报社与九州地区的柔道剑道团体主办的比赛为何成为全国三大比赛之一呢?也许有人感到不可思议。其秘密在于参赛方法。几乎所有的全国比赛都是先在地区举行选拔赛,优胜者参加全国比赛。但是,“金鹫旗”和“玉龙旗”没有选拔赛,若希望参赛,无论什么学校均可参赛。近年来,也有来自海外的参赛者。毎年都有数百所学校参赛。


 “金鹫旗”和“玉龙旗”的前身始于大正时代,当初只有福冈县内的参赛者,后来逐渐接纳其他县的高中参赛。也可以认为这象征着开朗、豪放的福冈气质。由于参赛学校多,比赛时间长达数日,日程安排紧凑,因此,每年都出现各种激动人心的逸闻轶事。高中生们奋力拼搏的形象也是令人感动的理由之一。

Hakata Culture also appears in

To FUKUOKA NOW Website

(c)  www.fukuoka-now.com All Right Reserved


福岡で開催される柔道と剣道の全国大会

 日本の高校のクラブ活動では古くからの武道が盛んに行われています。その代表格が柔道と剣道です。また、街中には小さな子どもたちも習うことができる柔道や剣道の道場があり、多くの子どもたちが通っています。こうした柔道や剣道をやっている高校生が目指す大会のひとつに、福岡で毎夏行われる金鷲旗(きんしゅうき)と玉竜旗(ぎょくりゅうき)があります。

 金鷲旗は西日本新聞社と九州柔道協会が主催する柔道大会、また玉竜旗は西日本新聞社と九州剣道連盟が主催する剣道大会です。いずれも毎年7月下旬頃、福岡マリンメッセを会場として行われ、金鷲旗に続いて玉竜旗が開催されます。大会は男子の部と女子の部に分かれており、高校生の全国大会としてはインターハイ(高校総体)などと並んで三大大会のひとつに数えられています。

 地元の新聞社と九州地区の柔剣道団体が主催する大会がなぜ全国三大大会に数えられるのか、不思議に思った人もいるかもしれません。その秘密は参加の方法にあります。ほとんどの全国大会はまず地域で選抜大会があり、そこで勝ち上がったものが全国大会に出場します。ところが金鷲旗と玉竜旗には選抜大会がなく、希望すればどんな学校でも参加できます。近年は海外からも参加があり、毎年数百校が参加しています。

 金鷲旗と玉竜旗の前身大会は大正時代に始まり、当初は福岡県内だけの参加だったのですが、次第に他県の高校も受入れるようになりました。明るく開放的な福岡の気質を象徴しているようにも思えます。参加校数が多く、試合日程が数日におよぶハードな大会のため、毎年さまざまなドラマが生まれています。高校生たちが頑張る姿も人々の感動を呼ぶ理由のひとつです。