本文へジャンプ
福岡市
字体大小
小标准大
高声朗读
LastUpDate: May 2, 2011
ここから本文

博多小知识 51

跑动着的安土桃山? 充满日本文化气息的九州新干线

跑动着的安土桃山? 充满日本文化气息的九州新干线 画像

3月,九州新干线在众人的翘首期盼中终于全线开通。焕然一新的博多站人来人往,热闹非凡,整个博多充满了生机和活力。但是您可知道九州新干线又称“跑动着的安土桃山”?“安土桃山”指的是日本16世纪,也就是战国武将织田信长和丰臣秀吉所处的时代。当时各地的武将为了炫耀自己的实力纷纷筑起规模庞大的城堡,堡内饰于绘画和雕刻等,极尽豪华绚丽。另外在这个时代出现了不少平民出身的富豪商贾,绚烂豪华的文化被人们所喜爱。据说那时茶道流行,丰臣秀吉还在用金箔贴敷而成的“黄金茶室”接待客人。

九州新干线列车的一部分在车厢墙壁上贴敷了金箔,另外还在车内各处装饰上使用了涂漆、博多织锦这些日本传统工艺的装饰品、用熊本•八代出产的灯心草制成的绳索门帘和由日本的竹帘获取灵感制作出的木制卷式窗帘等,所有的设计都充满了浓厚的日本气息。不仅为了接待日本客人,还为了远道而来的海外游客,九州新干线汲取了日本传统文化的精华,并将其充分展现在设计之中。

不仅九州新干线列车,JR九州之前就已拥有许多设计美观独特的车辆,曾数度获得表彰铁道设计的国际布鲁内尔奖(Brunel Award)。比如以金属蓝的外表给人留下深刻印象的特急列车“Sonic”、拥有白色的车体和真皮坐椅的豪华特急“海鸥号”、圆形设计且个性十足的“由布院之森”其绿色外观则让人联想到那郁郁葱葱的大森林,另外还有色彩鲜艳、让人游兴大发的“豪斯登堡”号特急列车。所有车辆无一不充满了个性和创意。今年乘着九州新干线的开通,您也从博多来一段愉快的列车之旅,如何?

Hakata Culture also appears in

To FUKUOKA NOW Website

(c)  www.fukuoka-now.com All Right Reserved


走る安土桃山?和文化満載の九州新幹線

 3月に念願の全線開通となった九州新幹線。新しくなった博多駅はたくさんの人でにぎわい、博多の街は活気にあふれています。この九州新幹線、別名「走る安土桃山」と呼ばれているのをご存知でしょうか?「安土桃山」とは、戦国武将の織田信長や豊臣秀吉が活躍した16世紀ごろの時代です。各地の戦国武将は自分たちの力を示すために大きな城をつくり、内部には絵画や彫刻など華麗な装飾をほどこしました。また、この時代には庶民からも裕福な商人が次々に現れ、豪華絢爛な文化が好まれました。茶の湯も流行し、豊臣秀吉は金箔を張りめぐらせた「黄金の茶室」でお客をもてなしたといいます。

 九州新幹線の一部には金箔張りの壁が使われています。また漆や博多織といった日本伝統の工芸技術を活かしたディスプレイがあちこちに飾られています。熊本・八代産のい草を使った縄のれんや、日本のすだれにヒントを得た木製のロールブラインドなど、日本ならではのデザインが満載です。日本人だけでなく、海外からのお客様をもてなすために、九州新幹線では和の文化をふんだんに取り入れているのだとか。

 九州新幹線だけでなく、JR九州の列車には以前から優れたデザインの車両がたくさんあります。世界中の優れた鉄道関係のデザインを表彰する国際的な賞「ブルネル賞」を何度も受賞したことがあるのです。メタリックブルーの外観がひときわ印象的な特急「ソニック」。白い車体と本皮製のシートが豪華な特急「かもめ」。車体の深い森を思わせる緑と丸いフォルムがユニークな特急「ゆふいんの森」。カラフルなボディが遊びの気分をさらに盛り上げてくれる特急「ハウステンボス」。どれもがとても個性的です。九州新幹線が開通した今年は、博多から楽しい列車に乗って旅に出かけてはいかがでしょうか。