本文へジャンプ
福岡市
字体大小
小标准大
高声朗读
LastUpDate: February 1, 2010
ここから本文

博多小知识 33

发现金印!

金印画像

    福冈市职员的名片上都印着一个闪闪发亮的标记。收到名片的人通常都会问:“啊,这就是金印吗?”。对,这就是福冈市最出名同时也是唯一拥有的国宝-“汉倭奴国王”金印。在江户时代天明4年(1784年)2月,人们在博多湾上的志贺岛进行耕作时发现了这枚金印。印面的精确边长为2.347厘米,呈四方形,和市职员名片上印刷的金印同样大小。重量为108克,印台上附蛇形钮。经过江户时代的大学问家,当时居住在唐人町的龟井南冥的研究而得知其来历。

    所发现的金印与中国的史书《后汉书》中所记载的“建武中元2年(57),光武帝向远路来访的北部九州的首长所赠送的印绶”完全一致。按照中国王朝名、民族名、部族名的顺序排列。其中倭奴据说为倭族(日本人)的奴(部族)之意。金印被上交给当时的福冈藩主黑田家族,并由该家族保存。直到1978年借福冈市美术馆建成之机,由该家族捐赠给福冈市。目前金印被保存和展示于位于百道浜的福冈市博物馆。

     金印于1954年被指定为国宝。之后在1973年和1974年,福冈市教育委员会连同九州大学一起对传说金印出土的地方进行了挖掘调查,该地成为现在的金印公园。许多人误以为金印被保存在金印公园而前往参观。所以有机会的话请大家一定要向不知金印身在何处的人说明:真的金印现在被保存在福冈市博物馆呢。

  关于金印,对其出土之地、最早发现的人,还有印面上所刻文字等,直至今日仍有不同的争议。小小一枚金印,上面还留有诸多不为人所知的秘密。


    广告科长 佐佐木喜美代
 
FUKUOKA CITY MUSEUM(簡体中文)

Hakata Culture also appears in

To FUKUOKA NOW Website

(c)  www.fukuoka-now.com All Right Reserved


金印が発見されました!

 福岡市職員が持っている名刺のほとんどには光り輝くマークが印刷されています。これを渡すとこれまたほとんどの方が「ああ、これが金印ですか?」と問われます。そう、福岡市が誇る最も有名なモノ、それが金印「漢委奴国王」と呼ばれています。江戸時代の天明4年(1784)2月、博多湾に浮かぶ志賀島で農作業中に発見されたといわれます。印面は正確に2.347センチ四方で市職員の名刺に刷られているのと同じ大きさで、小さいものです。重量は108グラム、つまみに蛇のとぐろのある金印は江戸時代の大学者で城下町、唐人町に住んでいた亀井南冥によって研究され、金印の正体が解き明かされました。

 その正体とは、中国の史書『後漢書』中に記載されている「建武中元2年(57)、光武帝がはるばる訪れてきた北部九州の首長に贈った印綬」と書かれていたものとぴったり一致するというものです。始めに中国の王朝名、次ぎに民族名、部族名の順番で、委奴というのは委族(日本人)の奴(部族)という意味だそうです。金印は当時の福岡藩主・黒田家に伝わり、福岡市美術館が完成するのをきっかけに、1978年、福岡市に寄贈されました。現在は百道浜の福岡市博物館で保管・展示されています。
 
 金印が国宝に指定されたのは、1954年のこと。その後1973年、1974年に福岡市教育委員会と九州大学によって、金印が出土したといわれるところで発掘調査が行われ、現在の金印公園となりました。この金印公園に金印があると勘違いしている観光客が多いので、本物の金印は福岡市博物館にあるということをぜひ教えてあげてください。

 この金印に関しては、出土地や発見した人、印面の文字に関してなど、いまだに論争があっているとか。まだまだ謎が多い金印なのであります。


  福岡市広報課長 佐々木 喜美代

福岡市博物館ホームページ