本文へジャンプ
福岡市
字体大小
小标准大
高声朗读
LastUpDate: January 10, 2010
ここから本文

博多小知识 31

十日惠比须

도오카에비스 화상

    1月10日是“十日惠比须神社”正月大祭的日子。这座供奉财神惠比须的神社坐落在县厅所在的东公园入口处,平日安静闲散,令人感觉不到它的存在。可从1月8日到11日,这里却会挤进约300家的露天小店,外加熙熙攘攘、络绎不绝的参拜客人。8日是初惠比须、9日是宵惠比须、10日是正大祭、11日是残留惠比须。参拜客最多的是在9日和10日从晚上到深夜的一段时间。许多饮食店在打烊后,店主、工人还有到店里就餐的客人齐齐出动到神社参拜。

    在参拜客中最有人气的当属占卜当年运势的“抽彩”(2000日元),经常可以看到等待抽彩的人们在神社正殿两旁排起长龙。奖品都是些用以祈祷吉祥的物品,它们会和福气竹枝一齐交给抽中的客人。如果听到“Oatari~(您中奖啦)、Fukuokoshi~(福神来啦)”的话,那么得到的奖品就会是个惠比须不倒翁;而如果是“Manpuku~(福满)”,那就是一个红色的大团扇。其它还有草席米袋、日历牌、算盘等祈祷生意兴隆的吉祥物。这些吉祥物在福冈的许多饮食店里都可以看到,店主把它们摆在店中以图个吉利。这些在今年被抽中的奖品到明年前去参拜的时候要归还给神社,重新加入抽彩的队伍。

    这里对商人来说是个为祈祷商运亨通而必到的地方。那对不做生意的人来说又有哪些值得一看的地方呢?对一般人来说,建议在9日宵惠比须那天下午3点左右前往。博多的艺妓们在那时会头插稻穗簪子,盛装打扮徒步前往神社参拜。走在队伍最前头是边弹着三味线、吹着笛子、敲着鼓、唱着十日惠比须歌谣的的人群,艺妓们在他们的引领下慢慢走向神社。

    神社供奉着惠比寿神和大黑神。对于惠比寿神可能很多人都不感陌生,尤其是爱喝啤酒的人。日本著名啤酒YEBISU上就有惠比寿神的图像∶满面笑容,身穿猎衣,右手持钓杆,左手抱表示吉祥的大头鱼。而大黑神则是在肩膀上搭着大袋子。惠比寿神保佑买卖兴隆,而大黑神则是保佑喜结良缘的神。

十日惠比须神社  博多区东公园7-1  Tel 092-651-1563
http://www.tooka-ebisu.or.jp/


 广告科长 佐佐木喜美代

Hakata Culture also appears in

To FUKUOKA NOW Website

(c)  www.fukuoka-now.com All Right Reserved


商売繁盛を祈って、十日恵比須神社にお参り

 1月10日は商売繁盛の神さま「十日恵比須神社」正大祭の日。

 県庁がある東公園の入り口にあるこの神社、日頃はその存在感を示すことなくひっそりと鎮座しています。しかし、1月8日から11日までは露店もおよそ300店ほど並び、多くの参拝客を集めています。8日は初えびす、9日は宵恵比寿、10日は正大祭で、11日は残りえびすと呼ばれます。参拝客がもっとも多いのは9日と10日の夜から夜中にかけてで、飲食店の営業を終えてから店主や従業員が客とともに参拝にやってきます。

 またその年の運試しをする「福引き」(2000円)が大人気で、神社本殿の左右には長蛇の列ができるほど。景品は縁起物ばかりで「大当たり~、福おこし~」と言われたらそれは恵比寿だるま、「まんぷく~」と言われたら大きな赤い団扇のこと。他に、福俵、日めくり暦やそろばんなど商売繁盛グッズを福笹とともに渡してくれます。福岡・博多の飲食店にはほとんどの店に飾られているので見かけた人も多いはず。当てた景品は翌年の参拝の折に神社に戻して、また福引きをするという仕組みです。

 商売をしている人ならぜひ運試しをしてほしいところだが、そうではない人は9日宵えびすの午後3時頃に出かけてみましょう。博多の芸者さんたちが稲穂のカンザシを付けた正装でお参りする「徒歩(かち)まいり」という行事に遭遇できます。のぼりを先頭にお囃子さんたちが、三味線、笛、太鼓で十日恵比須の唄をはやしながら芸者さんたちを案内しています。

 神社の祭神は恵比寿さまと大黒さま。恵比寿さまはビールでおなじみ、釣り竿を手にして鯛を抱かれています。大黒さまは大きな袋を肩にかけていらっしゃる。恵比寿さまは商売繁盛、そして大黒さまは縁結びの神さまでもありますよ。

十日恵比須神社 博多区東公園7-1 Tel: 092-651-1563
十日恵比須神社ホームページ


  福岡市広報課長 佐々木 喜美代