本文へジャンプ
福岡市
字体大小
小标准大
高声朗读
LastUpDate: June 20, 2009
ここから本文

博多小知识 11

博多手一本和博多祝福歌

博多手一本和博多祝福歌画像

  福冈整座城市被完完全全称作为“博多”的时期是在每年的7月,也就是博多祗园山笠节期间。从6月1日开始,在博多各地随处可见三三两两穿着号衣(手艺人、工匠等所穿,在领上或后背印有字号的日本式短外衣)的男人们。被叫做长号衣的当值号衣是山笠期间的正装,从结婚典礼到葬礼,一切红白喜事皆可用长号衣应付。就是穿着号衣出入一流高级酒店,也不会被认为是衣衫不整。
  要在福冈/博多生活,有两样要记住的东西。特别是对那些想要在当地企业就职,而且工作内容与当地紧密相关的人更是要牢牢记住。那又是哪两样啊?一个是“博多手一本”,另一个是“博多祝福歌”。开会时,要表示对所协商、讨论的事情“没有意见”时用“手一本”,而且大家有一个默认的规则,也就是“手一本”后就不许再反悔。这个“手一本”不仅用在开会时,还发展到会餐、聚会等场合,反正结束时就来上一个“博多手一本”。
  说了半天,到底“手一本”是什么呀?其实就是拍手赞成。有些地方称作为“手缔 (Tejime)”,博多地区叫做“手一本(Te-Ippon)”。“博多手一本”还不能随便拍,必需按照一定的规则来办。
  稍稍叉开双腿站立,张开双臂与肩膀同宽,然后说∶
“Yo!”( 叭、叭(拍两下手))“Mahitotsu”(叭、叭)“Ioute, san do!”(叭、叭、叭)
  这个“Ioute”无论怎么听,都会听成“yoh to”。拍了“手一本”后,会议也就可以结束了。
  在“博多手一本”之前唱的歌是“博多祝福歌”。这在喜筵结束时,可以说是必唱的一支歌,所以最好也学一学。在15日的“追逐山笠”进入栉田神社时,允许唱这首歌的只有第一座山笠。大家不妨也去听听。另外,如果要学唱这首歌,建议大家向唱得好的人学。如果老师自己都唱不好,那学生自然也难于学到正确的调子。其实最有效的学习方法是参加山笠。保证您会上瘾的。


 广告科长 佐佐木喜美代

Hakata Culture also appears in

To FUKUOKA NOW Website

(c)  www.fukuoka-now.com All Right Reserved


これを知らんと福岡・博多で生活できんばい!

 福岡の街が全面的に「博多」と呼ばれる季節、それが7月、博多祇園山笠の時期です。6月1日から博多は山笠の法被を着てうろつきまわる男衆でいっぱいになります。長法被と呼ばれる当番法被は山笠期間中の正装なので、結婚式もお葬式も冠婚葬祭は全部この衣装でOK。一流ホテルといえど、法被姿で出入り自由です。

 さて、福岡・博多で生活しようと思ったら、覚えなければならないものが2つあります。特に地場企業に就職して、地域に密着した仕事をしていこうと思っている人はなおさらです。それは何かといえば「博多手一本」と「博多祝い唄」。まず会合があるたびに、協議がまとまると「異議はありません」という意味で手一本が入れられます(手締めなどの言い方がありますが、博多では手一本入れると言います)。この後には異議を唱えないという暗黙の了解があるのです。会合だけではなく、飲み会のあとでもなんでも、とにかく「博多手一本」なのです。

 足を軽く開き、手は肩幅以上には広げません。そしてかけ声は
   よー、シャンシャン(これが手拍子の音)、まひとつ、シャンシャン
   いおうて(祝うて)三度、シャシャンシャン
 この「いおうて」はほとんど「よーと」にしか聞こえません。これが入ると会合はお開きです。

 「博多手一本」の前に唄われるのが「博多祝い唄」で、おめでたい席では最後の締めとして、必ずといっていいほど唄われるので覚えておきましょう。15日早朝の追い山櫛田入りには、一番山笠だけが唄うことを許されていますので、それを聞くのもおすすめです。下手な人に習うと、唄の出だしや節回しが正調ではないので、必ず上手な人に習いましょう。もっとも効果的な覚え方は、山笠に参加することです。きっとクセになりますよ。


  福岡市広報課長 佐々木 喜美代