本文へジャンプ
福岡市
字体大小
小标准大
高声朗读
LastUpDate: April 20, 2009
ここから本文

博多小知识 4

福冈市还是博多市!?

福冈市还是博多市!? 图片

1889年4月,日本政府公布实施市制和町村制。从前1年开始,围绕新市名是福冈市还是博多市引发了一场大论战。1889年4月1日当时居住在博多部的人口为25677人,福冈部的为20410人,而既不属于博多部也不属于福冈部的有1530人。大家或许会有疑问,为什么一个地区会分博多部和福冈部呢?其实自古以来,福冈地区都叫做博多。直到1600年,武将黑田长政为纪念先祖居住之地“备前(现在的冈山县)福冈”,将自己城堡所在地区称做为“福冈”。这以后人们以流过中洲的那珂川为界,将那珂川以东的地区称为博多,以西的地区叫做福冈。

有以上那么一段历史,在决定新市名时,自豪骄傲的武士之城福冈与历史悠久的商人之城博多自然是各不相让。就那么僵持到1890年2月,一名议会议员提议召开“市名变更会议”进行讨论和表决。当时博多部的议员人数有17名,而福冈部仅有13名,可是在投票表决时,博多部竟有4名议员缺席(一说是被软禁在厕所里了),局势变成13对13,打了个平手。再次投票时,原福冈藩武士的议长和议长代理交换位置,走下议长席作为一名议员进行投票。但即使这样最后还是同样的票数,因此就保留了“福冈市”这个名称。

支持博多市的人们自然心有不甘,为安抚民心,福冈市决定将刚开通的车站名叫做“博多站”。福冈市的博多站,至今仍令不少初到福冈的游客感到摸不着头脑。坐火车来到福冈,当列车缓缓驶入站台,车内广播还有站台名都是“博多”,而且在福冈一侧有叫“○○博多”的酒店,而在博多一侧却也有叫“福冈○○”的设施,那到底是来到了福冈?还是博多?

10多年前,笔者在一个介绍福冈出身的“郁金香”乐队组合的电视节目中,竟然发现“博多市出身”的字语。那是一个在东京制作的电视节目。即使是见多识广的媒体工作者也会弄混的城市名啊。虽然有些混乱难懂,但这不统一的矛盾,或许反而增加了福冈的个性、福冈的魅力。您说呢?

*郁金香乐队组合···以财津和夫为首于1970年结成的乐队组合。他们开创了一个既非摇滚,也非民谣的新风格音乐领域。1972年以一首“魔法的黄鞋子”一举成名。出名的曲子包括有饱含对博多之爱的“博多人纯情”等。


 佐佐木喜美代

Hakata Culture also appears in

To FUKUOKA NOW Website

(c)  www.fukuoka-now.com All Right Reserved


福岡市か博多市か!?

 明治22年(1889)4月、政府から市制と町村制の公布が行われました。この1年くらい前から新市名を福岡市にするのか博多市にするのかで、大論争が巻き起こっていたのです。1889年4月1日現在で人口は博多部が25,677人、福岡部は20,410人で、そのどちらにも属さないところに1,530人が住んでいたそうです。もともとは博多と呼ばれていた地に、1600年、武将・黒田長政が先祖の地であった備前(岡山)福岡にあやかって、城下町の名前を福岡としました。それ以来、中洲を流れる那珂川を境に東を博多、西を福岡と呼ぶようになったのです。

 誇り高い武士の町・福岡と、古代から港を開き、商人の町として栄えてきた博多の地名を残す戦いです。住民も一歩も譲れません。翌年の明治23年(1890)2月の議会で議員の一人が「市名変更の議」なるものを出し、議論百出。議員は博多17名、福岡は13名だったのですが、大詰めの議会で博多部の議員4名が欠席(トイレに軟禁されたという噂も)、13票対13票の同数に割れたところで、旧福岡藩の武士だった議長が議長席を降りて1議員として投票。もめにもめた結果、1票差で福岡市になったのでした。

 その代わりということで、開通したばかりの鉄道の駅名は博多駅。これがまぎらわしい福岡市と博多駅誕生のお話です。博多駅に到着すると「はかた〜」という案内なので、旅行者にもここが博多なのか福岡なのかが分かりにくい。さらに、ホテル名も施設名も福岡エリアにあるのに「○○博多」と名付けられていたり、博多部にあるのに「福岡○○」というのもありますもんねえ。ちなみに、私は10年ほど前のテレビ番組でチューリップを紹介するプロフィールの中に「出身…博多市」とあったのを見逃しませんでした。それは東京で制作された番組だったのですが、マスコミにおいてすら、このような混乱が起こる都市名なのです。でも、この2つの名称が福岡市の魅力を高めていると思うのですが…。


 福岡市広報課長 佐々木 喜美代


※チューリップとは
 財津和夫をリーダーに1970年に結成された福岡出身のグループ。ロックでもフォークでもない新しい音楽分野ニューミュージックを開拓した。1972年「魔法の黄色い靴」でメジャーデビュー。博多への思いを綴った「博多っ子純情」も名曲。