現在位置:福岡市ホームの中のくらし・手続きの中の防犯・モラルマナー・交通安全の中の防犯から放火が疑われる不審火が続いています
更新日: 2018年6月15日

放火が疑われる不審火が続いています

最近,福岡市で,放火が疑われる不審火が続いています。以下の内容にご注意ください。


家の周りは安全ですか?

放火火災予防のため,次のことを実践しましょう。


1.ゴミは決まった日に!

家の周りには燃えやすい物を置かないようにしましょう。


2.死角を作らない!

夜間,建物の周囲や駐車場は,照明を点灯して明るくしましょう。


3.戸締りは忘れずに!

空家,物置にはカギをかけましょう。


4.防炎品を使用!

車のボディカバーなど,燃えにくいものを使いましょう。


5.防火の見回りをしよう!

地域ぐるみで放火防止に取り組みましょう。


備えは大丈夫ですか?

火災被害を抑えるため,次のものを設置しましょう。


  • 住宅用火災報知器(火災を早く知るため)
  • 消火器(初期消火のため)
  • 防炎品(燃え広がらないため)
  • センサーライト(死角をなくすため)


ここが狙われています!

この家には,放火犯に狙われやすい危険な場所があります。

戸建て住宅の危険個所を示すイラストです。照明を消している,物置のカギがかかっていない,新聞やダンボール等燃えやすい物を置いている,など

この共同住宅の共用部ではこんなところが…

共同住宅の危険個所を示すイラストです。照明を刑している,チラシや新聞などが集合ポストからはみ出している,指定日でない日にごみを出している,など


参考