現在位置:福岡市ホームの中の市政全般の中の主なプロジェクトの中のmirai@(ミライアット)から公民共働事業事例
更新日: 2018年12月3日

公民共働事業事例


アンカー・ジャパン株式会社との災害時における物資供給に関する協定



 福岡市では,大規模な災害が発生した場合などに迅速な応急対策が行えるよう,企業や団体と様々な災害時応援協定を締結することとしています。
 この度,スマートフォン・タブレット関連製品を開発・製造・販売するアンカー・ジャパン株式会社との間で,災害時におけるポータブル電源等の物資供給に関する協定を締結しました。
 今回の協定締結により,避難所における緊急的な電源確保や携帯端末の充電が可能になるなど,災害初期の応急対応の充実を図ることができます。
 ※記者発表資料はこちら (203kbyte)pdfをご覧ください。


 ■協定締結日
   平成30年11月29日(木)
 ■主な供給物資
  ・ポータブル電源
  ・防災POWER BAG
  (モバイルバッテリー, ソーラーチャージャー, カーチャージャー,ケーブル類)
    ※ポータブル電源50個,防災パック450個については,協定締結後,速やかに提供


LINEとの包括連携協定


LINE株式会社,LINE Fukuoka株式会社




 福岡市では,企業との多様な連携を通じて,双方が互いの資源や魅力を生かした事業に共働して取り組むため「包括連携協定」を締結しています。

 このたび,平成30年8月23日に,LINEグループと包括連携協定を締結しました!

 AIやFintechなどの先端技術を活用し,より豊かで便利な未来志向のまちづくりに向け共働して取り組んでいきます。
協定内容についてはこちらをご参照ください。)


連携企業:LINE株式会社(https://linecorp.com/ja/pr/news/ja/2018/2360
     LINE Fukuoka株式会社(https://linefukuoka.co.jp/ja/pr/news/2018/0823
福岡市 担当部署:総務企画局企画調整部
実施時期:平成30年8月23日


集合住宅へのドローン配送実験


楽天株式会社,株式会社TATERU

 

福岡市は,Society5.0へのチャレンジとして,AI・IoTなどの第4次産業革命技術の活用による社会課題の解決を進めています。


そのなかで,都市部における交通渋滞や配送ドライバー不足といった課題への対策として,楽天株式会社・株式会社TATERUと協力し,国内初となる,店舗から都市部集合住宅へのドローン配送サービスの実現を目指した検証を行いました。


今回の実験では,スマートフォンから商品を注文し,注文された商品を2km以上離れた実際の店舗から直接ドローンでお届けすることで,ドローンによる配送の迅速性や利便性を実証しました。


連携企業:楽天株式会社(https://drone.rakuten.co.jp/special/tateru/
     株式会社TATERU(https://www.tateru.co/news/post/14096/
福岡市 担当部署:総務企画局企画調整部
実施時期:平成30年7月22日



   

お問合せ

総務企画局企画調整部

メールアドレス:mirai@city.fukuoka.lg.jp

電話番号:092-711-4959

FAX番号:092-733-5582