福岡市史トップページに戻る
第2回市史講演会(平成18年度)
  「志賀島出土金印から見た東アジア世界」
駝紐銅印(上)・金印「漢委奴國王」(下) 福岡市博物館所蔵 福岡市史編集委員会考古専門部会作成画像
日時 平成18年10月1日(日)14時~17時
場所 福岡市博物館1階講堂
講演:「『漢委奴國王』金印下賜の意味」
講師:西南学院大学教授 高倉 洋彰
講演:「漢帝国と東アジア海 ―金印をめぐって―」
講師:学習院大学教授 鶴間 和幸
シンポジウム:「金印から見た東アジア世界と奴国」
九州大学教授 宮本 一夫(司会進行・福岡市史編集委員)
西南学院大学教授 高倉 洋彰
学習院大学教授 鶴間 和幸
<画像左>駝紐銅印(上)・金印「漢委奴國王」(下)  福岡市博物館所蔵
<画像右>福岡市史編集委員会考古専門部会作成

▲上へ

福岡市生活情報文化・スポーツ・生涯学習>文化>文化財・歴史
Copyright(C)2007-2009 Fukuoka City All Rights Reserved.

福岡市博物館 市史編さん室
 住所 福岡市早良区百道浜3丁目1-1
 TEL: 092-845-5011/FAX: 092-845-5019
 E-mail: shishi.EPB@city.fukuoka.lg.jp