現在位置:福岡市ホームの中のくらし・手続きの中の相談・消費生活の中の福岡市消費生活センターから光コラボの契約トラブル(平成28年12月26日掲載)
更新日: 2016年12月27日

暮らしのヒント

消費生活センターでは,悪質商法に限らず,暮らしに役立つさまざまなテーマのコラムを西日本新聞に掲載しています。
(原則,毎週月曜日の朝刊へ掲載)


光コラボの契約トラブル(平成28年12月26日掲載)

事例

「携帯電話ショップで『光回線サービスと携帯をセットで契約すると今までよりお得』と言われ、よく分からないまま契約した。翌月の請求明細を見たが、安くなっていない」


解説

 光回線はNTT東日本と西日本が消費者に提供しているサービスですが、昨年から、サービスの卸売りを受けた事業者が、自社のサービスと光回線をセットにしたさまざまなプラン(光コラボ)を提供できるようになりました。消費者が自分の携帯電話やインターネットの利用状況に合わせてサービスを選べる一方、勧誘時の説明不足などで契約トラブルが起きています。

 光コラボ事業者との光回線契約は、新たな契約となります。NTTとの契約は解除され、NTTに戻したい場合や、さらに別の事業者に乗り換えたい場合、同じ電話番号が使えず、工事が発生することもあります。光コラボの契約は細かい条件があり、必ずしも安くなるわけではないので、勧誘されても即決せず、現在の契約内容と十分に比較検討しましょう。

 契約書を受け取って8日以内なら、「初期契約解除制度」により、事業者の合意なしに契約を解除できます。事務手数料などの負担は発生しますが、違約金は必要ありません。契約書は書面で受け取り、内容をよく確認しましょう。


消費生活センタートップページへ移動
 暮らしのヒント掲載記事一覧へ移動 消費生活相談のご案内ページへ移動

お問い合わせ先

部署:市民局 生活安全部 消費生活センター
住所:福岡市中央区舞鶴2丁目5の1
電話番号:(相談専用電話)092-781-0999  (事務室)092-712-2929
FAX番号:092-712-2765
E-mail:shohiseikatsu.CAB@city.fukuoka.lg.jp
インターネット消費生活相談:https://ssl.city.fukuoka.lg.jp/shohiseikatsu-soudan/